告知版02

雑音1が門だとしたら、告知版02は玄関です。I speak Japanese only

10/17-3. 10/18-1

2016年10月18日 05時26分57秒 | ブログ
人を大切にしようとする気持ちがあれば、そうした問題は発生しませんよね。近所周囲男女徘徊は、家族を不安にさせ神経逆撫でする行為。妹だったら「関係ないね」で、暴走ドライブでしょう。自分の身を守る為にはマナーや慣習にも配慮し、相手が不快に感じる行為・見なし挑発行為をやめる事です。再三の警告にも関わらず無視した以上、連帯責任制ですね。別件でも関連団体が絡む事案に介入。もうHRNで動いていますが。
例えば時事通信記事に登場する千葉大教授とアウェア代表の問題。あれも強権発動ですよ。冤罪対策やっていない。一方的ですよね。同じ前例はDV法制定時にもあった。他の性に対するフォロー無しで女性=被害者で作っちゃったから、レインボーや男性被害のDVフォローが後手後手になっている。まだまだ続きそうな論議あり。

[10/18-1]
元相手シリーズ  【110番通報しました】
10/17(月)夜、神奈川県相模原の友人と会うつもりで外出途上、東関東自動車道上り、宮野木JCT稲毛霊園~湾岸千葉を走行。こちらはサッサと湾岸B経由で神奈川入りする予定で移動中、私が通ったら周囲に車が居るにも関わらずハイビーム軽自動車。横浜ナンバーでピン!と来た。元相手陣営ですね。司法警察員による職務質問要領の規定がある。
これに準じても、おかしな行動があり、車載カメラが常時回っているので、そのまんま撮影。特に周囲に車両が居るにも関わらず、故意にハイビームと言った見なし威嚇行為にあっては、状況判断からしてストーカー規制法・不安を与える行為と見なす。今国会で非親告罪、近所徘徊も違法である事から、結果的行為で判断すると、元相手はストーカーである。
普通、別れた相手方と遭遇する事が予見される場所に、あえて勤務先や住所、居所と言った拠点を設けますか?少なくても、うちの親は「逆の立場なら千葉での就労を反対し、他方地域を勧める」と。友人で元DV被害者女性も「本当に被害者だったら、怖くて相手方の地域に居られない」と。そうした状況からすれば矛盾する行為である事は明白。
ここ最近は刺傷事件多発である他、毎年この時期は季節も変わり目で、メンヘラキャリアが荒れやすい事。元相手は猜疑心・執拗執着・被害妄想を2009-2010年、私や妹・親も奇行を目撃しています。BNで何度も書いているので略します。みんなが平穏に暮らすには、物理的に転地療法ですよ。元相手は千葉県外へ衣食住、就労から居所まで。こうする事で物理的に遭遇自体も無くなり、家族のトラウマ緩和にもなります。
アレルゲンが物理的に居ないのですから。2016年秋から抗議先を改め防備録として、リベラル系も含めて告知版3では、161016の項目タイトルにおいて一覧にしてあります。抗議をするなら、全国各地で展開する「プログラム」「ファシリテーター」と言っている所、フェミ女性ウィメンズ強調する団体に抗議すれば案外、元相手の件は通じます。情報化社会の中における世間は狭いので、本当に伝わって行きます。
こうした私に対する嫌がらせは前記プログラム・マニュアルにある「外圧」と称した、人権侵害・名誉毀損、違法・不法行為です。直ちに人が嫌がる行為の一切を止めてください。恣意的ハイビームは威嚇行為です。逆に私がやれば、こうした支援ポルノ団体が大騒ぎをする事でしょう。わざわざ喧嘩を吹っ掛けるとは何事だ。近所徘徊もそう、大網街道で急にダッシュしたり挙動不審行為はNチェック。車種に人着もそう。
目に余るUターンも自ら隊なら職質対象。110番通報時、GPS不具合で通信指令課宛に位置情報が上手く伝わっていない可能性もあり、克明に詳細を伝達。身の危険を感じたから、弁護士や刑事の言う通りに110番した次第。気持ち悪いですよ。付きまといから煽り、挙動不審行動は。香西咲さんが怯えるのと同じですよ。私も被害当事者だから身をもって感じますね。それで、楽しみも減りました。
友人知人と会ったり遊びに出掛ける、買物するとか。その周囲がターゲット被害。それが2012年の千葉県柏事案、同四街道事案です。被害女性は警察に事情を話している、要はドキュメント。こうした背景から、プライベートは家族でも知らない内容もある。妹がここを見て憤激し、子分に指示を出すとか、2次的余波は予見出来るので、発言には慎重だ。
最悪、元相手陣営メンバーや本人に対し、ガサ状とセットで勾留させて罰金や執行猶予の前科をつけるしか無いのかなぁと。本当に困っている。周囲がオフェンス、私は要人と同じディフェンス。


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10/17-2 | トップ | 10/18-2 »

あわせて読む