告知版02

雑音1が門だとしたら、告知版02は玄関です。I speak Japanese only

10/19-4. 10/20-1

2016年10月19日 23時40分21秒 | ブログ
妹が墓穴掘っているって主張、こう言う意味だったのか。同じ女性目線で鋭く元相手チェック。子どもに直接、虐待があった訳では無いケースは、連れ去りも厳しく制限必要。子どもも他人です。親の一方的考えて、なし崩し連去りは問題です。こうした抗議意見はシェルターネットや、アウェア系の各種団体へ一報をどうぞ。1番弟子は東京原宿界隈のレジリエンス。女性「だけ」の視点でジェンダーバイアス。
むしろ、操作面でも、相手方の意見も聞いて公平に扱うべき。女性の鵜呑みだけで決裁しない事。既に裁判所が訴えられる事案も産経記事で見かけたし、過去には横浜地裁1審で、子どもに「虐待受けたと言え」と母親。男性は無罪となる。まさにDV延長の虐待冤罪行為である。又、千葉地裁松戸支部1審でも、男氏え側の主張を認めて、面会交流の扉が開いた判例。親権は母親に与えられるのが普通だからである。
これは女性偏向に満ちている問題発言。女性「だけ」で法案押し通すのは反対。こうした支援ポルノ団体の主張を鵜呑みにしたら、今後は裁判所が、もっと忙しくなる。論より証拠、既に異議があるから申立・訴訟件数の上昇に至っている。こうした事実は覆せない。偏向団体は口八丁手八丁で、いわば言葉の暴力に近い。要はDV団体がDV行為をやっている矛盾状態と同じだ。実際には連れ去り指南する女性偏向団体もあり、問題だ。
偏っている根拠に、書店で男性被害者向けの書籍、ありましたか?殆ど無し。そうした古い価値観で、男性=加害者と言った偏見は止めて頂きたい。今は新聞報道の通り、女性加害者のDV、デートDVも増加傾向。1990年代とか昭和の価値観で主張するのは、AV規制しようとする支援ポルノ団体と同じだ。そうした少数派をフォローする意味で、AV出演強要でも女性の制作側進出を支持します。
同時に、昭和の価値観で動く各種団体の捻伏せ饒舌には異議を唱えます。言葉の暴力であり、結果的実態では矛盾しますから。共同親権法の代わりに、こうした法制定に大賛成だ。法は平等であるべき所、千葉大や武蔵野大などの教授がマスコミリークで情報操作は問題だ。各種問題露見しがちな2016年ですね。子どもを連れての旅行や転居にも許可が必要となる 旨もどうだろう。私は、そこまでする必要がある。
一方的届け出では、なし崩しに連去れば、どうにでもなると言った問題にもなりかねない。双方が協議してOKを出す土壌としては、賛成ですね。都合のよい時だけカルフォルニア洲法云々と言うの、止めましょう。都合悪いと論議云々ですか。今は男女関係無く、女性が年収低いと言うのは昔の話です。逆に男性の年収減って、男女差が減っている。逆に親権取ってカネよこせ型、良くないケースもある。
例えば金取っておきながら、子どもの養育がきちんとなされていないと後日、面会交流で子どもの様子を見たら気付くケースもある。そうしたチェック機能にもなるんです、養育履行されているか否か。子どもの権利というよりは、もう片方の親の権利である。これは大きな間違い。YouTで養育権や連れ去りで検索してVを見て御覧。子が「嫌だ」と言って、自発的に相手方の家に行くケースもある。
帰ろうと言っても泣きながら「嫌だ」と拒むシーン。それって、子どもを出汁にしていませんか?「子どものため」と称して、本人の意向を無視した支援ポルノと同じですよ。それってマズいなぁ。共同親権で動いている方や弁護士さんも、私の意見と同じ傾向ですよ。今までの一方的なDV法案、出しちゃった「なし崩し」のツケが今の連れ去り問題ですから。三船問題でもそう、日本は遅れていますよ。海外並みに週1面会を。
後は離婚独身税の導入ですね。1度でも離婚した人が戸籍上の独身期間中、毎月1万の課税・国庫金歳入。再婚して独身では無い期間中のみ、課税停止。歳出先は子ども手当ですよ。独身状態で子がいる家庭への給付。車なら自賠責に近い。本当に生活苦しけりゃ、ナマポ申請や年金減免手続きを。公的手続きすれば、滞納における差押えは無い。同時に課税減免も考慮される。

[10/20-1]
2016.10.19(水)ランキング日別9,440位UP! ◇皆さんのお陰で、生かされる<(_ _)>
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10/19‐3 | トップ | 10/20-2 10/21-1. »

あわせて読む