告知版02

【T】フィラー>12-24H後[★公開済]移動>[告知版5]移設>9カ月後削除   【V】フィラー>9カ月後削除

5/15-2. 5/16-1

2017年05月15日 13時58分57秒 | ブログ
さて、特定人物が、尖った書き口特徴で、科捜研の女じゃないけど特定。前記コピペチェッカーのスキャンで当方データベースと照合%が高かったのは千葉県市川の女性か。普段から科捜研みたいに具体的根拠で日頃から付きまとい車両人着、技術面ではマスク・グラサン外し画像加工ですね。赤外線特殊技術で、要は空港の特殊全身スキャン。服着用でもモニターはスッポンポン。色んな最新技術は告知版04、06、告知版3で後日。時間不足。
防犯訓練Aを4/16-26、一般臨時含めたB日程4/27-5/7、そしてC日程も昼夜問わず交代で、関東周辺で開催中。類似被害者救済にもなっている。私は忙殺しているので連絡相談サポ任せ。報告のみ上がる。現場判断を養わせる訓練も。
@発射対応で各種ストックをOPEN。日本も同じパレードをしている他、海外行進曲の部類。どう表現して行くか。戦争は、起きないに越した事は無い。既に日本は敗戦、原爆投下、原発避難を経験している。その修羅場を経験しているからこそ、和平を唱える国民。北が必死なのは生きるか死ぬかの飢餓も含む。そこまでひっ迫しており、TOP更迭クーデターも起きかねず。サイバー戦争も3月から顕著に発生しており、重い障害現象は各地でも。
攻撃は最大の防御なりと言うが、いずれブーメランやブーイング不評、リベンジ被害として結果が出るつまらぬことは怨恨、怨恨は執着執念、こだわると先に進めない上に、心の視野狭窄で人生の将来計画も出来ない事でしょう。北朝鮮に明るい未来を築くには、執着を捨てるフランクさが肝要。柔軟な寛容さも米中韓にあるかどうか。あれば米北、日中・尖閣、日韓・銅像等、譲歩し合いで改善の兆しが見えるはず。難しいね。
国内でも森友があったり憲法改正、共謀罪審議、いろいろイベント。そしてラディF系でも4月アウェア週刊誌掲載、共同親権でも熱が入り、5/5子どもの日に集会も。一方で俳優出演強要を端緒に職業差別、これに伴う生き辛さがネット記事で散見。またツイート辺りで取り上げるかも。2017年冬春の各地リポート動画フォトも整理中で後手後手遅延中。どーもスミマセン。このどーも関係でもイラネッチケー100個以上売れており、最高裁訴訟もある。
元千葉県船橋市議が選挙公報でも刺激的演説。不倫カー***には驚いた。BBCみたいに租税公課にして、職員も襟を正してもらいたいね。お堅い方で良い。有働アナが婚活不利なのは、男がドン引きする内容を企画してOAした事による。そのイメージ定着で男は離れる。自業自得と言うには失礼にあたるし、言葉を選ぶ。最近は、その角が準国営放送全体で取れつつある。後は朝日とヤフーでしょうか、ラディフェミ関係は。詳細は告知版06で後日。
@各blogで書く予定が迷惑・不安を与える行為被害を受けて警察対応、これに伴う避難生活。仕事滞り、仕事サボっていると妹罵倒。元相手と同様、メンヘラキャリアに理解求める事自体が無理。説明反論だけに終始し、相手に求める事は無い。意味が無い。妹とも口を聞かず距離を空ける。コレは元相手連中と同じで退避体制。今はストレス社会、気候の変化で平常心は通用しないからこそ、ここ1か月で刺傷や殺人放火事件まで。
日頃の言動で回避できる揉め事対策。クレーマーと同様、DVやSTKでも応用可能。ノウハウは非公開だが内輪系ログインしている人なら、ああアレの事ね。となるでしょう。通信教育みたいに講話はネットでテキスト動画フォト音声ファイル含めたマルチで。実技系が防犯訓練で、元相手対策では無くなっている。そうしたマルチ防犯スキル。
[5/16-1]
@千葉県千葉市内において挙動不審車両付きまとい発生につき、元相手シリーズ連載、ラディフェミ3種シリーズをギフト詰め合わせ情報提供開始。目には目を、フェミにはフェミを。女性特有のいやらしさを滲ませた、嫁姑バトルや女性同士の職場人間関係。介護・看護の世界でヌシお局さながらバトルと言ったエグイ話を。こんな感じでプライベートでもジワジワと。ギブ&テイク。偉大なる将軍様、ミサイル成功、おめでとうございます。
そこまで言い切る気力が無いと渡り合えない。アメリカの被害妄想発言。それは投影でアメリカの被害妄想か。DV執着女は被害妄想じゃない。それだけ酷い事をされたから心に沁みついている。そうした人が団体やると偏るんです、主観的発想で。その結果が女性偏向社会を生んでしまい、痴漢冤罪でも線路に出ざるを得なくなる。一方でカツアゲとして痴漢冤罪が発生している。BNナックルズでも取り上げられたネタ。
話戻すが、ロシアや韓国の意見も無視できないアメリカ。排除や制裁は支配病の1つ。妹も支配病、元相手一家もそうだった。当時は私自身の心が殺されていた。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5/14-2. 5/15-1 | トップ | 5/16-2 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む