伝統的大工道具に親しむ会

大工の棟梁が遺した道具一式に親しみ木工を楽しむ会

例会10月14日

2016-10-15 16:47:14 | 日記
良い気候になりましたね~!
体育館での木工作業にも最適な気候です。

今日は、Aさんが欠席です。
何でも信楽の辺りにお出かけとか・・・多趣味なAさんの陶芸の関係かな?カローリングの大会かナ?

で、今日の出席は4名でした。

Yさんは、又いろいろな作品を見せてくれました。
まずはこれ・・・

お雛様の壁飾り。もう来年春の準備かなぁ・・・
実はこれ、Yさんの仕事はここまで、後は奥様の作品です。あゝ丸い背景もYさんです。

ここまでとは言ってもそう簡単にだれでもこの仕上がりになるわけではないけれど・・・



次はこのジグソーパズル!


一度バラすと、簡単そうに見えて結構難しい。角が落としてあって適当に隙間があるから難しいのかな。
丁寧な面取りが施されているから、仕上がりが美しいですね!この面取りに手間暇がかかるのだとか。
枠の45°が難しかったとのことですが、上手く出来ていると思うんだけれど・・・何しろHさんの額縁を何度も見ているからなぁ~~


続いてこれは何かというと・・・
 

ウサギと馬の置物に見えるのですが・・・


横位置にして、裏返すと、こうなります。
つまり一種のだまし絵なんですね。目が刻んでなければ全く判らない。

今日は、次の作品のための材料調整でした。




Hさんの、学習机第二号は、もうこんなところまで出来てしまいました。
一号機より大きさは小さいけれど、細工に凝ったので時間はたっぷりかかっているとのことです。
 
今日も細かな調整に余念がありませんでした。

前々回にもFさんが写真を撮ってくれて紹介しましたが、茶道のための”囲炉裏”をもう一度持ってきてもらいました。
もう一度Nが写真を撮りたいからとお願いしました。微妙な色合いを、太陽光の下で撮ってみたかったのです。

さあうまく出来たでしょうか?



Fさんは、香里園の”ふれあいプラザ”で近々開催するという工作体験教室で、糸鋸細工を取り上げるとのことでその材料調整です。
未経験者に糸鋸の体験なんて危険はないのかしら・・・まあ余り小さな子供たちはやらないのでしょうが・・・


工夫好きのFさんは、雑誌を見たりして次々にアイデアが湧きだしてくるらしく、仕掛がたくさんあるらしい。
前回の、サイドテーブルも一旦お休みらしいです。


さて、Nは、何をしたかというと・・・
左の写真に比べて右は、矢印部分が少~~し丸くなっているのが判るでしょうか。
つまりNは前回から今日までで、やすり掛けでこれだけしか進みませんでした。ハズカシイ!!
この最後の?木馬は思いっきり角をとってまあ~るくしてやろうと思っているのですが、、どこまで出来るでしょうね。
 


それでは今日はこの辺で~



ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 例会9月23日 | トップ | 例会10月28日 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Nさんへ (富さん)
2016-10-16 08:33:04
やっと出席出来ましたか、忙しいですね。fanの皆さんが楽しみに待ってますよ、頑張ってね♪
前回も出席したんだけど・・・ (Nです)
2016-10-17 14:58:50
富さんへ

何時も見ていただいてありがとうございます。
Nは前回も出席はしたのですが・・・
何しろまともな作品もなく、いまだに木馬をチョコチョコといじっているだけですので影が薄いからなぁ・・・

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。