yabmaroom

☆yabmaruとその仲間たちののほほん日記☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

コブクロ新曲“蕾(つぼみ)”

2007年01月10日 21時33分46秒 | ミュージックる~む

東京タワーと言う小説をみなさん御存知ですか?
200万部を超える売り上げだそうです。
リリーフランキーさんの実話で、亡くなったお母さんの事がかかれています。
私は小説は読んでないんですが、TVの特番で見ました。
それとは別に、今回ドラマ(いわゆる月9と言うヤツ)で放送されています。
その主題歌に、コブクロの楽曲が決まりました
ディレクターさんにどうしてもとお願いされ、
小渕くんがドラマの為に書き下ろしたものです。

実は小渕くん、18歳の時にお母さんを亡くされています
だからなのか、この楽曲はとても内容のある、
切なくも、愛で溢れたものになっています。

一昨日からラジオのオンエアが解禁になり、
初めてきちんと聴いたんですが、言葉が出ませんでした…
それは、蕾を亡くなったお母さんに例えた歌だからでした。


     散り際に もう一度
     開く花びらは あなたのように

     聞こえない がんばれを 
     握った両手に 何度もくれた


歌い方も含めてそのフレーズが特に、
胸の奥深いところにズキンと届きます…


皆さんは迷ったとき、辛いとき、どうやって乗り切りますか?
自問自答して乗り切る人が大半でしょう。

でも小渕くんはきっと、
自分が岐路に立たされたとき、
どうしても答えが見付からず迷ってるとき、
辛く悲しくたたずむとき、
お母さん(大切な人)=蕾は強く優しく、
言葉を放つわけじゃないけど、
側にいて『頑張れ』って言ってくれてるよと言いたかったのでしょう。
大切な人に会えない人にとっては、
とても大きな大きな力になる歌かもしれません



会えなくなった大切な人は、ときに風になり、雨になり、
道になり、壁になり、花になり、蕾になり、
自分の前に現れると小渕くんは言います。
そんな愛に包まれた彼が描く世界だからこそ、
こんなすばらしい楽曲が出来るのでしょうね。

まだまだコブクロの温もりから、離れられません
みなさんも良かったら一度聴いてみて下さいね

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 厄年、再び | トップ | ヤブ丸家のお弁当 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
CMで (yuki)
2007-01-13 20:52:48
蕾。
CMでチラッとだけ聴きました。
初めてCMを見た時、
何のCMかよくわからなかったんですが
吸い寄せられるように目と耳が画面に行って
なんだかわかんないけどウルッときました。
で、CMが終わってから
「あ。今のがコブクロの新曲なんだぁ~」って

チラッと聴いただけなので
詞の内容まではわからなかったんですが
お母さんに向かっての歌だったんですね~。
早く1曲全部聴いてみたいです

東京タワーの主題歌にもなるんですね~。
私はリリーフランキーさんの小説読みました。
私的には・・・世間で騒がれているほど
感動はしなかったんですが
コブクロが主題歌になるなら見てみようかなぁ
おぉ~っ (ヤブ丸)
2007-01-14 12:11:28
>なんだかわかんないけどウルッときました

やはり、これがコブクロマジックですな
多分二人の持ってるもの全て、それはブラウン管を通じてもちゃんと届くんだと思います。
ドラマは、オカン役の賠償さんがめっちゃうまいです。
すごく引き寄せられます。
でももこみちクンがねぇ
正統派過ぎてイマイチ馴染めない…。
まぁ一度見てみてください。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事