弁理士 渡部 仁 特許・商標・知財ブログ

特許・商標・知的財産に関するビジネスブログ

~当事務所が支援している鎌倉ブランドです~

ラジオ番組「鎌倉日和」の収録内容が視聴できます

2016年02月29日 06時16分32秒 | 鎌倉日和

おはようございます。
弁理士の渡部です。

Kamakura FMで当事務所のラジオ番組「鎌倉日和」が放送されました。

放 送 局:Kamakura FM(FM 82.8MHz)
放送日時:2016年2月25日(木)11:20~11:35
番  組:鎌倉シーサイドステーション
コーナー:鎌倉日和

番組収録内容は、当事務所のホームページで視聴することができます。
ご興味のある方はぜひご視聴ください。
http://shousei-tm.com/radio.html



今回は、鎌倉市腰越の「おそばやさん」でテレビでも紹介されているそば切り佳人の大高光裕様をお招きし、ブランド化の取り組みについてお話を伺いました。
現在全国で販売中の「鎌倉スモーク」がここまで有名になったブランドづくりの秘密とは?
聴いているだけで「鎌倉スモーク」を食べたくなる素敵なお話がいっぱいです。


当番組に対するご質問・お問い合わせは、当事務所のホームページにて承っています。
http://shousei-tm.com/contact.html


将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2016 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2度足を運んだ講演

2016年02月26日 06時14分26秒 | その他

おはようございます。
弁理士の渡部です。

ダイヤ精機株式会社の諏訪貴子社長の講演に参加してきました。
「中小企業が生き抜くための経営改革と人材育成」というテーマです。

講演を聴いてとても驚いたことは、高い洞察力、判断力そして行動力を持っている経営者であると感じた点です。
現場に根ざした数々の実践を経た経験からのお話であり、まるで何百年も経験を重ねて得たかのような言葉の重みを感じました。

私が参加した1度目の講演は、1時間の講演でした。
おそらく講演が2時間ものなのでしょう。
相当数のスライドが省略され、駆け足で終わってしまったので、これはぜひもう一度聞きたいということで、2度目の講演に参加することにしました。

今回参加した2度目の講演は、1時間半の講演でした。
前回省略されたところも詳細に伺うことができ、大変勉強になりました。

講演のすべてが素晴らしかったのでどれも甲乙つけ難いのですが、そのなかで私が感銘を受けたポイントを3つ選ぶとしたら、次のポイントです。

1.五ゲン主義
諏訪貴子社長が経営において大切にしている5つの原則です。

問題が起こっている(1)「現場」に自ら足を運び、問題が起こっている(2)「現物」を自ら確認し、問題が起こっている(3)「現実」から問題を抽出する。そして、(4)「原理」(5)「原則」が重要であり、応用は原理原則の上に成り立つものである。

五ゲン主義は、モノづくりの現場における長年の経験の中でかたち形作られた考え方であり、諏訪貴子社長は、この考え方をモノづくりだけでなく経営判断の指針として取り入れています。

ただし、人材育成に関しては原理原則が通用しないと述べ、一人一人成長の仕方・スピードが異なるので、その人に合わせた丁寧な対応が必要であるとしています。

2.1番になれ
どのようなこと・どのような分野(例えば製品に番号を手書きする技術)でもよいので、社内で1番になりなさい。
事業活動は競争であるので、1番になることに1つの企業価値がある。
そのため、社内でも1番になることを覚え、これを大切にしなさい。

属人化することで、その人が辞めてしまったときに企業は困るかもしれない。
しかし、企業としてそのようなリスクを背負う気概がなければ、いいモノづくりは実現できない。
木の幹がしっかりしていれば、仮に枝が折れてしまっても、また新たな枝葉が生えてくるはずである。

3.強みを深堀
自分たちの強みが何であるかを知り、その強みを深く掘り下げていくことが将来にわたって強い基盤の企業を形作る。
事業の他展開を考えるときも、強みの深堀という点を離れてはいけない。

「本日は何はなくとも、私のモチベーションだけでもぜひ持って帰ってください。」というメッセージと文字通りのモチベーションを諏訪貴子社長からいただきました。
諏訪貴子社長のお話は内容もグッときますが、諏訪貴子社長のモチベーションの高さに刺激を受けるので、前向きで発展的な気持ちで自分の事業に取り組めるようになると思います。

引用:http://www.shokonet.or.jp/hiratuka/h27keieisemina-.pdf

商標登録や特許など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、こちらから。


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2016 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラジオ番組「鎌倉日和」、放送されます

2016年02月25日 06時22分16秒 | 鎌倉日和

おはようございます。
弁理士の渡部です。

本日、Kamakura FMで当事務所のラジオ番組「鎌倉日和」が放送されます。

放 送 局:Kamakura FM(FM 82.8MHz)
放送日時:2016年2月25日(木)11:20~11:35
番  組:鎌倉シーサイドステーション
コーナー:鎌倉日和

商標登録で鎌倉ブランドを育てるお手伝い。
魅力ある商標で輝く”旬”な会社と人を、素敵なサウンドに乗せてご紹介します。

本日は、鎌倉市腰越の「おそばやさん」でテレビでも紹介されているそば切り佳人の大高光裕様をお招きし、ブランド化の取り組みについてお話を伺います。
現在全国で販売中の「鎌倉スモーク」がここまで有名になったブランドづくりの秘密とは?
聴いているだけで「鎌倉スモーク」を食べたくなる素敵なお話がいっぱいです。

どうぞお楽しみに。

当番組に対するご質問・お問い合わせは、当事務所のホームページにて承っています。
http://shousei-tm.com/contact.html


将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2016 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

IoTの特許戦略「ITとの違いは現象を捉える点」

2016年02月24日 06時15分09秒 | 特許・実用新案

おはようございます。
弁理士の渡部です。

本日は、先のブログ「IoTの特許戦略『ITとの違いは対象』」の続きです。

もう一つの違いは、これまでのITでは、人の操作によってインターネットに情報が発信されていたのに対し、IoTでは、モノ自らが情報をインターネットに発信するという点が異なります。

IoTでターゲットにしているのは、これまでのITのようにIT機器に対する操作や指示といった単なる情報ではなく、モノの現象に関する情報を捉えるところにあるといえます。

モノの動作、環境変化、自然現象といった現象は、膨大な情報を生成しています。
インターネットを介してこれらの情報を収集・処理し、目に見えるようなかたちで表すことができれば、今まででは解決できなかった様々な問題が解決できます。
見たり聞いたり触れることができる情報だけでなく、五感では認識できない情報もセンサーを介して数値化すれば、新たな発見が生まれるてくることでしょう。

バルセロナのコメディ劇場では、IoTを活用し、来場者が笑った回数に応じて支払う料金を決める「pay-per-laughシステム」が導入されています。
このシステムによって、劇場の入場料を無料にし、1笑い40円の従量制とすることで、客単価が約812円も増加したそうです。
笑うというモノ(人間)の現象をIoTで捉えた事例といえます。

商標登録や特許など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、こちらから。


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2016 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブログとホームページを連携

2016年02月23日 06時14分31秒 | 開発

おはようございます。
弁理士の渡部です。

当事務所のホームページやwebシステムは、ほとんどが当事務所内で企画・設計・制作まで行っています。
私がIT・ソフトウェアを専門としているので、プログラム等は私が制作しています。

今回は、ブログとホームページを連携するシステムを作りました。
ブログに新しい記事がアップされると、当事務所のホームページの最新情報が更新され、当事務所のホームページに最新のブログ記事がトピックスとして表示されます。

気を付けた点は、当事務所のホームページにユーザがアクセスするたびにブログの更新情報を読みに行くようにすると、サーバ負荷・トラフィックの増加につながり、ユーザ側でページの表示速度も遅くなってしまうという点です。
このため、ブログ記事がアップされたタイミングでのみブログの更新情報を読みに行くようにすることで、サーバ負荷・トラフィックを低減しページ表示速度が遅くなるのを防止しています。

仕組みは簡単なので、ブログとホームページを運用されている方は、ぜひ連携させて相乗効果を上げてみてはいかがでしょうか。

商標登録や特許など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、こちらから。


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2016 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

祝!鎌倉ブランド「夢と宝」商標登録

2016年02月22日 07時09分05秒 | 鎌倉ブランド

おはようございます。
弁理士の渡部です。

鎌倉ブランド「夢と宝」が商標登録となりました。
当事務所が商標出願から商標登録までお手伝いさせていただきました。

おめでとうございます。

商標登録を活用し鎌倉ブランドとして事業とともに大きく育つように、商標の専門家として引き続き支援して参ります。

当事務所は、湘南地域として、鎌倉市逗子市葉山町横須賀市三浦市藤沢市茅ヶ崎市平塚市のブランド、神奈川県下の他の地域として、横浜市川崎市、小田原市、箱根町のブランドも手厚く支援させていただいています。

商標登録や特許など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、こちらから。


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2016 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月1日より特許の出願料・特許料が安くなります!

2016年02月19日 07時18分38秒 | 特許・実用新案

おはようございます。
弁理士の渡部です。

中小企業に追い風の料金改定です!差別化された魅力ある技術・アイデアにより製品の差別化戦略を展開するとともに他社を牽制し市場を開拓していく上で非常に重要な役割を担うのが「特許」です。

今年、特許庁が時代のニーズへの対応と中小企業に対して利用促進を図るため、特許の出願料を約7%、特許料を10%それぞれ引き下げることになりました。
料金の適用タイミングについては、次のとおりです。

(1)出願日が4月1日より前の場合は、旧料金(高い料金)が適用となりますが、出願日が4月1日以降の場合は、新料金(安い料金)が適用となります。
 

(2)査定送達の日から30日目が4月1日より前の場合は、旧料金(高い料金)が適用となります。

(3)査定送達の日から30日目が4月1日以降の場合は、新料金(安い料金)が適用となります。

ぜひこの機会に、"お得"になる料金のメリットをご活用いただきまして、特許取得による市場の開拓と事業発展の促進を検討されてはいかがでしょうか?
詳しくは、当事務所にお気軽にご連絡をください。
今年も中小企業の事業発展に貢献して参ります。

詳しくは、特許庁のホームページをご覧ください。

商標登録や特許など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、こちらから。


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2016 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TPP協定を担保するための商標法改正

2016年02月18日 06時21分55秒 | 商標

おはようございます。
弁理士の渡部です。

先のブログ「TPPで商標法の損害賠償額引き上げへ」でお伝えしたように、TPP協定を担保するための商標法改正が、特許庁の産業構造審議会で検討されています。

TPPでは、商標の不正使用について、法定の損害賠償又は追加的な損害賠償の制度を設けることが参加国に義務づけています。

すなわち、参加国は、次の(1)か(2)のどちらかを国内の法律で規定する必要があります。

(1)法定の損害賠償の制度
(2)追加的な損害賠償の制度

我が国において商標権侵害の損害賠償については、民法の損害賠償の規定に基づいて算定されますが、我が国の民法では、商標権の侵害により実際に生じた損害の賠償のみを認め、これを超える賠償を認めていないというのが原則となっています。

このため、我が国では、上記(2)は民法の原則から外れてしまうことから採用することが難しく、上記(1)を採用することで検討が進んでいます。

具体的には、商標の不正使用による損害の賠償を請求する場合において、商標登録の取得及び維持に通常要する費用に相当する額を損害額として請求できる規定を追加することが検討されています。

例えば、商標権を侵害された商標登録を取得するのに20万円かかり、これを5年間維持するのに5万円かかったとすると、25万円は、商標権者が損害額を立証することなく請求することができるという内容です。

商標登録や特許など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、こちらから。


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2016 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

商標出願の拒絶理由通知の応答期間

2016年02月17日 06時27分53秒 | 商標

おはようございます。
弁理士の渡部です。

商標出願の拒絶理由通知の応答期間について、4月1日より特許庁の運用が次のとおり変更されます。

拒絶査定不服審判請求後の拒絶理由通知の応答期間について認められる延長請求は、在外者(日本国内に住所がない出願人)に限り最大1か月です。

詳しくは、特許庁のホームページをご覧ください。

特許出願の拒絶理由通知の応答期間についても運用が変更となりました。
こちらのブログでご案内していますので併せてご参照ください。

商標登録や特許など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、こちらから。


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2016 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

特許出願の拒絶理由通知の応答期間

2016年02月17日 06時26分54秒 | 特許・実用新案

おはようございます。
弁理士の渡部です。

特許出願の拒絶理由通知の応答期間について、4月1日より特許庁の運用が次のとおり変更されます。

拒絶査定不服審判請求後(前置審査中を含む)の拒絶理由通知の応答期間について認められる延長請求は、以下のとおりです。
延長請求にあたっては、(1)(2)のいずれに該当するのかを明記してください。
「都合により」等を理由とする延長請求は不適切です。また、「対比実験」の必要性に疑義がある場合、事情を確認させていただくことがあります。
これまでに、延長請求が認められなかった例もありますので、ご注意ください。

○国内居住者(日本国内に住所がある出願人)
以下の(1)の要件を満たす場合、1回(最大1か月)の延長

○在外者(日本国内に住所がない出願人)
以下の(1)又は(2)の要件を満たす場合、最大3回(最大3か月)の延長

(1)拒絶理由通知書等で示された引用文献に記載された発明との対比実験データの取得
(2)審判手続書類の翻訳

詳しくは、特許庁のホームページをご覧ください。

また、商標出願の拒絶理由通知の応答期間についても運用が変更となりました。
こちらのブログでご案内していますので併せてご参照ください。

商標登録や特許など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、こちらから。


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2016 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

他とは違う、知的財産活用の知識をもつ特許事務所

弁理士 渡部 仁が事業者の皆さまに宛てたメッセージです。

▲続きは、こちらのレターをご覧ください。


商標登録からブランド化へ

将星国際特許事務所は、地元鎌倉に根ざした特許事務所として、商標登録を取得し鎌倉でブランドを育てる企業を支援しています。商標登録を取得するだけでなく、商標登録を取得した後、商標を活用しブランドを育てるお手伝いをしています。


▲ブランド化の取り組み事例「井上蒲鉾店様
for English



▲ブランド化の取り組み事例「鎌倉青果様
for English



▲ブランド化の取り組み事例「鎌倉薬膳アカデミー様
for English

商標登録の実績

将星国際特許事務所は、商標登録が難しいとされた事件でも、商標登録に導いた数々の実績があります。商標登録については、初歩的なことから難しい事件まで、どのようなご相談にもお応えします。ぜひお気軽にお問い合わせください。


▲商標登録の実績紹介「レストランレネ様
for English

利益を生む特許の活用

将星国際特許事務所は、特許を取得し活用する企業を支援しています。特許は利益を生み出すツールです。よい製品・サービスが利益を生み、特許によってさらなる利益が生まれます。当事務所には、特許を活用し利益につなげるノウハウがあります。


▲特許の活用事例「グロータック様
for English

TBSラジオ番組に生出演!

TBSラジオ番組の「新しいタイプの商標」の特集で、弁理士 渡部 仁がサウンドロゴ(音商標)の第一人者としてコメントしました。2015年4月から新たに対象となった5つのタイプの商標について分かりやすく紹介しています。

弁理士の渡部仁さんと一緒に学びました。
▲弁理士 渡部 仁が「爆笑問題の日曜サンデー」に生出演

ピクシディア様のお客様の声に出演!

弁理士 渡部 仁が動画制作の取り組みについてコメントしました。商標登録という専門的な内容を分かりやすく伝えるためのツールとして動画を活用していることを紹介しています。


▲弁理士 渡部 仁が「ピクシディア様のお客様の声」に出演

特許技術「商標レコメンドシステム®」

将星国際特許事務所は、お客様の特許を取得するだけでなく自らも自社開発の技術について特許を取得し、商標登録のサービスについて他にはない新しい価値を創造し提供しています。


▲特許技術「商標レコメンドシステム」で事業の将来まで守る商標登録を実現

ラジオ番組「鎌倉日和®」

将星国際特許事務所では、毎月第4木曜日の11:20~11:35、Kamakura FMでラジオ番組「鎌倉日和」を生放送でお送りしています。地元鎌倉に根ざした特許事務所として、商標登録を取得し鎌倉でブランドを育てる企業様を、音に乗せてどんどん紹介させていただきたいと考えています。


▲当事務所がお届けするラジオ番組「鎌倉日和」毎月第4木曜日11:20オンエアー

ニュースレター「鎌倉日和®」

将星国際特許事務所では、鎌倉の企業様への情報発信誌としてニュースレター「鎌倉日和」をお届けしています。皆様の事業にお役立ていただけるように、鎌倉ブランドを育てる企業様の取り組みや知的財産のニュースなどを紹介して参ります。


▲当事務所がお届けするニュースレター「鎌倉日和」

サウンドロゴ制作・活用の事例

将星国際特許事務所は、サウンドロゴ(音商標)を制作し活用しています。中小企業の活用事例としてご参考ください。

子どもと作るサウンドロゴ サウンドロゴの制作事例

私たちがモデルケースとして、実際にサウンドロゴを制作し、商標登録を受けPRに活用することで、使い方やその効果などを具体的にイメージしていただけるようにしたいと考えました。

ラジオ番組「鎌倉日和」 サウンドロゴの活用事例

Kamakura FMで当事務所のラジオ番組「鎌倉日和」を毎月第4木曜日の11:20~11:35に放送していただいています。この番組のオープニングとエンディングにサウンドロゴを流しています。

サウンドロゴの活用事例

当事務所の留守番電話のメッセージにサウンドロゴを流してみました。私たちは、留守の時も、サウンドロゴを流すことでお客様に覚えてもらえるように、ちょっとした工夫をしています。

鎌倉花火大会とサウンドロゴ サウンドロゴの活用事例

鎌倉花火大会では、当事務所も尺玉を打ち上げました。そして、目玉企画として、サウンドロゴを使ったメッセージを流すという鎌倉花火大会史上初の取り組みを実施しました。