弁理士 渡部 仁 特許・商標・知財ブログ

特許・商標・知的財産に関するビジネスブログ

~当事務所が支援している鎌倉ブランドです~

祝!鎌倉ブランド「鎌倉魚市場」商標登録

2015年06月30日 09時30分16秒 | 鎌倉ブランド

おはようございます。
弁理士の渡部です。

鎌倉ブランド「鎌倉魚市場」が商標登録となりました。
当事務所が商標出願から商標登録までお手伝いさせていただきました。

おめでとうございます。

商標登録を活用し鎌倉ブランドとして事業とともに大きく育つように、商標の専門家として引き続き支援して参ります。

当事務所は、湘南地域として、鎌倉逗子葉山横須賀三浦藤沢茅ヶ崎平塚のブランド、神奈川県下の他の地域として、横浜川崎、小田原、箱根のブランドも手厚く支援させていただいています。


将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2015 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

知的財産権の取得方法と国際保護

2015年06月29日 07時03分54秒 | その他

おはようございます。
弁理士の渡部です。

知的財産権のうち「特許権」「実用新案権」「意匠権」「商標権」は、特許庁に対して出願という手続を行い、特許庁の審査において登録が認められて初めて権利が発生します。

国際的に保護を受ける場合は、保護を求める国ごとに、その国の特許庁に対して出願という手続を行い、その国の特許庁の審査において登録が認められて初めて権利が発生します。

これに対し、知的財産権のうち「著作権」は、特に手続をすることなく、著作物を創作すると自動的に発生します。

世界各国は、条約を結んで互いに著作物を保護し合っているので、著作物は、特に手続をすることなく、国際的にも保護を受けることができます。
例えば、日本人の著作物は、ドイツにおいて、ドイツの著作権により保護を受けることができます。
逆に、ドイツ人の著作物は、日本において、日本の著作権により保護を受けることができます。

鎌倉,あじさい


将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2015 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

著作物はなぜ財産なのか?

2015年06月28日 08時39分31秒 | 著作権

おはようございます。
弁理士の渡部です。

著作権の対象である「著作物」は、なぜ財産といえるのでしょうか。

著作物とは、思想や感情を表現した創作物です。
例えば、小説、音楽、絵画、映画、写真が著作物です。

例えば、公開されたばかりの新作の映画は、お金を払ってでも観たいと思います。
有名な画家が描いた絵画は、お金を払ってでも観たいと思います。
人気アーティストのコンサートは、お金を払ってでも聴きたいと思います。

このように著作物が利益を生むことから、著作物は財産と考えられています。
著作物は、他社に真似されないように著作権により保護することができます。

鎌倉,あじさい


将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2015 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラジオ番組「鎌倉日和」の収録内容が視聴できます

2015年06月27日 08時41分06秒 | 鎌倉日和

おはようございます。
弁理士の渡部です。

Kamakura FMで当事務所のラジオ番組「鎌倉日和」が放送されました。

放 送 局:Kamakura FM(FM 82.8MHz)
放送日時:2015年6月25日(木)11:20~11:35
番  組:鎌倉シーサイドステーション
コーナー:鎌倉日和

番組収録内容は、当事務所のホームページで視聴することができます。
ご興味のある方はぜひ。
http://shousei-tm.com/radio.html



今回は、湘南ダンス学院の山本真也社長をお招きし、鎌倉での事業の取り組みについてお話を伺いました。
サービス名も商標登録が可能であること、「鎌倉祇園祭」の告知など話題が盛りだくさんです。

当番組に対するご質問・お問い合わせは、当事務所のホームページにて承っています。
http://shousei-tm.com/contact.html


将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2015 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

祝!鎌倉ブランド「Laine」商標登録

2015年06月26日 06時59分49秒 | 鎌倉ブランド

おはようございます。
弁理士の渡部です。

鎌倉ブランド「Laine」が商標登録となりました。
当事務所が商標出願から商標登録までお手伝いさせていただきました。

おめでとうございます。

商標登録を活用し鎌倉ブランドとして事業とともに大きく育つように、商標の専門家として引き続き支援して参ります。

鎌倉ブランド,Laine

鎌倉ブランド「Laine」のレストランレネでランチをいただきました。
写真は、食前にいただいたアップルジュースです。
二層のグラデーションの輝きがとてもキレイです。

一つひとつのお料理が丁寧でこだわりがあり、ここでしかいただけないお料理です。
どのお料理も美味しく言葉では表せないので、ぜひ一度召し上がってみてください。
お勧めです。 

レストランレネ
住所:神奈川県鎌倉市御成町10-4
電話:0467-40-3008

当事務所は、湘南地域として、鎌倉逗子葉山横須賀三浦藤沢茅ヶ崎平塚のブランド、神奈川県下の他の地域として、横浜川崎、小田原、箱根のブランドも手厚く支援させていただいています。


将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2015 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラジオ番組「鎌倉日和」、放送されます

2015年06月25日 07時02分50秒 | 鎌倉日和

おはようございます。
弁理士の渡部です。

本日、Kamakura FMで当事務所のラジオ番組「鎌倉日和」が放送されます。

放 送 局:Kamakura FM(FM 82.8MHz)
放送日時:2015年6月25日(木)11:20~11:35
番  組:鎌倉シーサイドステーション
コーナー:鎌倉日和

ラジオ番組,鎌倉日和

商標登録で鎌倉ブランドを育てるお手伝い。
魅力ある商標で輝く”旬”な会社と人を、素敵なサウンドに乗せてご紹介します。

本日は、湘南ダンス学院の山本真也社長をお招きし、鎌倉での事業の取り組みについてお話を伺います。

当番組に対するご質問・お問い合わせは、当事務所のホームページにて承っています。
http://shousei-tm.com/contact.html


将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2015 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水と氷の狭間で

2015年06月24日 07時28分36秒 | 特許・実用新案

おはようございます。
弁理士の渡部です。

水を冷やすと氷になります。
水から氷に変化するときに、状態はどうなっているのでしょうか。

水の一粒一粒に着目して考えたときに、ある水の粒が氷に変化し、他の水の粒はまだ水のまま。
水の粒が多く氷の粒が少ない状態から徐々に冷やしていくと、水の粒が少なく氷の粒が少ない状態になり、やがてすべての粒が氷になって全体が氷になる、なんて思っていました。

このように水から氷に姿を変える現象について、氷と水の区別がなくなる新たな臨界点が存在することが岡山大学の研究で明らかにされました。
この臨界点を「固液臨界点」といいます。

固液臨界点

固液臨界点とは、先ほどのように、水の粒が半分くらいあって氷の粒が半分くらいあるような状態ではなく、氷と水の区別がなくなる状態ということのようです。

「ことのようです」というのは、これまで固液臨界点はいかなる物質に対する実験でも見つかっておらず、理論的にも存在が否定されていたので、固液臨界点がどのような状態なのかが明らかになるのはこれからということです。

固液臨界点は、これまでの概念を覆す新しい状態が発見されたというだけでなく、固液臨界点では、特異な物理現象が起こることで注目されています。

発表では、固液臨界点では、密度やエネルギーゆらぎが大きくなることが予想され、密度やエネルギーゆらぎを利用した新たな化学反応の開拓が期待されているとあります。

具体的にどのような応用なのかはこれだけでは分かりにくいのですが、例えば、水とも氷ともどちらともいえない新食感のアイスなんていうのも、将来は開発されるかもしれませんね。

固液臨界点という発見そのものは特許の対象とはなりませんが、これを応用した技術については特許の対象となります。
固液臨界点での特異な物理現象を応用した製品などについて特許の取得が今後注目されるでしょう。


将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2015 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

祝!鎌倉ブランド「妊産婦整体」商標登録

2015年06月23日 07時03分10秒 | 鎌倉ブランド

おはようございます。
弁理士の渡部です。

鎌倉ブランド「妊産婦整体」が商標登録となりました。
当事務所が商標出願から商標登録までお手伝いさせていただきました。

おめでとうございます。

商標登録を活用し鎌倉ブランドとして事業とともに大きく育つように、商標の専門家として引き続き支援して参ります。

鎌倉ブランド,妊産婦整体

当事務所は、湘南地域として、鎌倉逗子葉山横須賀三浦藤沢茅ヶ崎平塚のブランド、神奈川県下の他の地域として、横浜川崎、小田原、箱根のブランドも手厚く支援させていただいています。


将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2015 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第2回経営コンサルティング

2015年06月22日 07時17分48秒 | その他

おはようございます。
弁理士の渡部です。

中小企業診断士の竹内先生から経営コンサルティングを受けました。
計5回のコンサルティングのうち今回は第2回です。

ホームページなどのIT関連を中心に事業に役立つ施策を指導いただいています。
今回は、第1回に与えられたミッション(宿題)の結果を評価していただきました。

私は、ITの特許が専門なので、ホームページなどはかなり整備していると思っていました。
ところが、第1回のミッションを実施した結果、わずか1ヶ月で指標ごとの効果が2~4倍に伸び、とても驚きました。

今回は、(自分で)この驚きの成果を先生に見ていただいたのですが、先生からいわせると、「ミッションの実施ボリュームからすれば10倍程度はあってもよいと思っていた。」といわれ、今回は、なぜ想定効果に達しなかったのかという点で改善を指導いただくことになりました。

改善施策を実施して1日目。改善施策実施前と比較した効果が7倍に伸びました。
改善施策を実施して2日目。改善施策実施前と比較した効果が9倍に伸びました。
まさに、なんだ!?、これは!?、です。

「やり方」だけに着目すれば、やり方を少し変えただけです。
にもかかわらず、これほど効果に大きな違いが生じました。

これを見て改めて痛感することは、知識を持っていることその知識をもとに適切な行動をとることが、いかに重要であるかということです。
知識は価値なり、です。

この場を借りて先生に感謝を申し上げます。
ありがとうございます。


将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2015 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

商標はなぜ財産なのか?

2015年06月21日 06時56分51秒 | 商標

おはようございます。
弁理士の渡部です。

商標登録の対象である「商標」は、なぜ財産といえるのでしょうか。
正確にいうと、商標が財産ではなく、商標に蓄積されるブランドが財産になります。

商標は、誰が作った商品かを表すマークです。

よい商品を作り続けると、消費者からよい評判がつきます。
消費者は商品を名前で覚えるので、消費者が抱く評判は、商標を通じて蓄積されていきます。
評判は目に見えませんが、消費者は、よい商品を求めて繰り返し商品を購入するので、企業にとっては、消費者の評判は財産となります。

こうした財産を「ブランド」といいます。
例えば、エルメスのバッグと、ノーブランドのバッグをお店に並べた場合、どちらが売れるでしょうか。

当然、エルメスのバッグです。

このようにブランドが利益を生むことから、ブランドは財産と考えられています。
商標は、他社に真似されないように商標権により保護することができます。

ここで、ブランドではなく商標を保護するのは、ブランドは商標に蓄積されると考えられているので、目に見えず特定が困難なブランドを保護するよりも、目に見えて特定が容易な商標を保護する方が分かりやすく、商標を保護すればブランドを保護することができるからです。


将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2015 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

他とは違う、知的財産活用の知識をもつ特許事務所

弁理士 渡部 仁が事業者の皆さまに宛てたメッセージです。

▲続きは、こちらのレターをご覧ください。


商標登録からブランド化へ

将星国際特許事務所は、地元鎌倉に根ざした特許事務所として、商標登録を取得し鎌倉でブランドを育てる企業を支援しています。商標登録を取得するだけでなく、商標登録を取得した後、商標を活用しブランドを育てるお手伝いをしています。


▲ブランド化の取り組み事例「井上蒲鉾店様
for English



▲ブランド化の取り組み事例「鎌倉青果様
for English



▲ブランド化の取り組み事例「鎌倉薬膳アカデミー様
for English

商標登録の実績

将星国際特許事務所は、商標登録が難しいとされた事件でも、商標登録に導いた数々の実績があります。商標登録については、初歩的なことから難しい事件まで、どのようなご相談にもお応えします。ぜひお気軽にお問い合わせください。


▲商標登録の実績紹介「レストランレネ様
for English

利益を生む特許の活用

将星国際特許事務所は、特許を取得し活用する企業を支援しています。特許は利益を生み出すツールです。よい製品・サービスが利益を生み、特許によってさらなる利益が生まれます。当事務所には、特許を活用し利益につなげるノウハウがあります。


▲特許の活用事例「グロータック様
for English

TBSラジオ番組に生出演!

TBSラジオ番組の「新しいタイプの商標」の特集で、弁理士 渡部 仁がサウンドロゴ(音商標)の第一人者としてコメントしました。2015年4月から新たに対象となった5つのタイプの商標について分かりやすく紹介しています。

弁理士の渡部仁さんと一緒に学びました。
▲弁理士 渡部 仁が「爆笑問題の日曜サンデー」に生出演

ピクシディア様のお客様の声に出演!

弁理士 渡部 仁が動画制作の取り組みについてコメントしました。商標登録という専門的な内容を分かりやすく伝えるためのツールとして動画を活用していることを紹介しています。


▲弁理士 渡部 仁が「ピクシディア様のお客様の声」に出演

特許技術「商標レコメンドシステム®」

将星国際特許事務所は、お客様の特許を取得するだけでなく自らも自社開発の技術について特許を取得し、商標登録のサービスについて他にはない新しい価値を創造し提供しています。


▲特許技術「商標レコメンドシステム」で事業の将来まで守る商標登録を実現

ラジオ番組「鎌倉日和®」

将星国際特許事務所では、毎月第4木曜日の11:20~11:35、Kamakura FMでラジオ番組「鎌倉日和」を生放送でお送りしています。地元鎌倉に根ざした特許事務所として、商標登録を取得し鎌倉でブランドを育てる企業様を、音に乗せてどんどん紹介させていただきたいと考えています。


▲当事務所がお届けするラジオ番組「鎌倉日和」毎月第4木曜日11:20オンエアー

ニュースレター「鎌倉日和®」

将星国際特許事務所では、鎌倉の企業様への情報発信誌としてニュースレター「鎌倉日和」をお届けしています。皆様の事業にお役立ていただけるように、鎌倉ブランドを育てる企業様の取り組みや知的財産のニュースなどを紹介して参ります。


▲当事務所がお届けするニュースレター「鎌倉日和」

サウンドロゴ制作・活用の事例

将星国際特許事務所は、サウンドロゴ(音商標)を制作し活用しています。中小企業の活用事例としてご参考ください。

子どもと作るサウンドロゴ サウンドロゴの制作事例

私たちがモデルケースとして、実際にサウンドロゴを制作し、商標登録を受けPRに活用することで、使い方やその効果などを具体的にイメージしていただけるようにしたいと考えました。

ラジオ番組「鎌倉日和」 サウンドロゴの活用事例

Kamakura FMで当事務所のラジオ番組「鎌倉日和」を毎月第4木曜日の11:20~11:35に放送していただいています。この番組のオープニングとエンディングにサウンドロゴを流しています。

サウンドロゴの活用事例

当事務所の留守番電話のメッセージにサウンドロゴを流してみました。私たちは、留守の時も、サウンドロゴを流すことでお客様に覚えてもらえるように、ちょっとした工夫をしています。

鎌倉花火大会とサウンドロゴ サウンドロゴの活用事例

鎌倉花火大会では、当事務所も尺玉を打ち上げました。そして、目玉企画として、サウンドロゴを使ったメッセージを流すという鎌倉花火大会史上初の取り組みを実施しました。