弁理士 渡部 仁 特許・商標・知財ブログ

特許・商標・知的財産に関するビジネスブログ

~当事務所が支援している鎌倉ブランドです~

朝活

2012年02月29日 06時11分54秒 | その他

おはようございます。
弁理士の渡部です。

本日は早朝から都内で「朝活」です。
意識の高い専門家や経営者の方々と朝食を取りつつビジネスの話をする場であり、このような方々とお会いできるのは大変有意義です。
鎌倉の私は、5時20分に家をでます。
今日は朝から雪が降っています。皆さん、お気をつけて出勤してください。


将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2012 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

著名人の名前までも標的に

2012年02月27日 06時59分21秒 | 商標

おはようございます。
弁理士の渡部です。

バスケットボール選手のマイケル・ジョーダン氏の名前が中国で無断で商標登録されていたようです。
これに関し、ジョーダン氏は、商標権を保有する中国のスポーツウェアメーカを相手取り提訴するとのことです。

http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819685E0E1E2E29F8DE0E1E2E0E0E2E3E0E2E2E2E2E2E2

さて、我が国の事情を見てみましょう。
我が国の商標法においては、人の氏名に関する規定が存在します。

1.他人の肖像を含む商標
2.他人の氏名や名称を含む商標
3.他人の著名な芸名等を含む商標
4.2~3の著名な略称を含む商標
は商標登録を受けることができません。

「含む」とあるので商標の一部として使われていたらダメということです。

ただし、この規定は、人格権の保護を目的としているので、本人さえよいといえば不適用になります。
この規定をよく考えてみると、いろいろと疑問が出てきます。

・同姓同名の人や同名会社が複数存在した場合は、どうなるのか。
・「坂本龍馬」のような故人の氏名は、どうなるのか。
・本件のように外国人の氏名は、どうなるのか。
・株式会社Aの「A」の部分だけを含む商標は、どうなるのか。
・著名とは、どの程度必要なのか。
・「大きい丸」という意味の「大丸」は同時に著名な会社の略称でもあるが、「大きい丸で囲った海老」の図に「海老大丸」の文字を添えた商標は、どうなるのか。
などなどです。

ぜひ考えてみてください。


将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2012 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不求の求

2012年02月24日 06時01分03秒 | その他

おはようございます。
弁理士の渡部です。

昨日、私の弁理士という仕事について、ある先生から「不求の求」というお言葉をいただきました。
「不求の求」とは、徳川家康の言葉であるようです。

その意は、「豊臣の大名が本当に東軍に味方するのかどうかが不安であった本多正信に対し、家康は泰然として言う『不求の求なり』と…つまり求めてはならない、求めずして求められる、それが真の味方だ」ということです。
弁理士たる者、人に仕事を求めるのではなく、求めずして求められる人間になりなさいということです。

起業して4年目になり、これまで様々な対外的活動に挑戦してきました。

しかし、ここにきて、マーケティングや営業活動をすることも大切なことですが、私がこの仕事において真に目指すべきところは、人から信頼される人間になることではないかという答えが出つつありました。
そのようなタイミングで頂戴したお言葉なので、とても私の心に響きました。

「不求の求」を実現することは決してたやすくありません。
何もせずに人から信頼され求められるなんてことはないからです。

どのようにすれば、人から求められる人間になれるのか。
最も難しいテーマですが、今年は、「不求の求」をテーマに活動したいと思います。


将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2012 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

特許の牽制力

2012年02月23日 06時02分29秒 | 特許・実用新案

おはようございます。
弁理士の渡部です。

特許は、ご存じのとおり、特許の対象となるアイデアを権利者だけが独占することができるというものです。
多くの他社を排除することができる特許こそ、特許としての力を発揮しているといえます。
この特許の他社を排除する力を「牽制力」といいます。

特許の牽制力はどのようにして測るのでしょうか。
他社が実際に特許の対象となるアイデアを使い、それがもとで訴訟に至った件数を数えるという考えもあるかもしれません。

しかし、企業においては、製品を販売する前に、自社製品が他人の特許を侵害するかどうかの調査を行っている場合がありますので、侵害するおそれがある場合は、そのアイデアを使用しないと判断することもあるでしょう。
こうした場合も、特許の牽制力が働いているといえますが、他社が使用を中止する判断は表には出ませんので、このような場合は牽制力を測ることができません。

そこで、少し視点を変えてみましょう。
ここに、牽制力を測りたい特許Aがあるとします。
特許Aの後に、特許Aに抵触する特許出願Bがされることがあります。
このような特許出願Bの意図は、特許Aの対象となるアイデアを他社が使いたいと思ってされるのです。

しかし、残念なことに、特許出願Bの審査では、特許Aが引用文献として提示され、既に他社が特許Aを取得しているから特許を受けることができないという拒絶理由が通知されます。
特許庁では、特許Aが審査において何回引用されたかをカウントしています。
すなわち、審査での引用回数が多い特許ほど、その特許の対象となるアイデアを他社が使いたいと思っている特許であるということができ、言い換えれば、牽制力が強い特許であるということができます。

この観点から、大学の特許について牽制力のランキングが発表されています。

第1位は早稲田大学。
第2位は東京工業大学。
第3位は東海大学。

http://resemom.jp/article/2012/02/22/6449.html


将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2012 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

知的財産の無料相談会

2012年02月21日 06時52分49秒 | 知的財産

おはようございます。
弁理士の渡部です。

本日は、10時より鎌倉商工会議所で知的財産の無料相談会です。
鎌倉は、小売事業者が多いので商標の相談が多いです。
このような相談会は、鎌倉のブランドを守る大切な第一歩です。
頑張ってきます。


将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2012 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

商標「iPad」、アップル社が中国で苦戦

2012年02月21日 06時05分07秒 | 商標

おはようございます。
弁理士の渡部です。

「iPad」のブランドで世界的に展開しているアップル社。
中国では、商標権の侵害を理由にアップル社製「iPad」の販売が中止に追い込まれています。

中国における商標「iPad」の商標権は、中国の深センに本社を置く唯冠科技という企業が、アップル社製「iPad」が発表される数年前に登録申請し、取得したものだということです。

一審では、唯冠科技の主張を認める判決が出てしまいましたので、アップル社は、中国からの撤退又は別の名称での販売のいずれかを選択しなければならない状況となっています。
さらに追い打ちをかけるように、唯冠科技は、中国でのアップル社製「iPad」販売を禁止するだけでなく、中国からのアップル社製「iPad」の輸出を禁止するよう訴訟を起こしました。

アップル社製「iPad」は、台湾企業に製造が委託されていますが、その組み立て工場は、深センなど中国国内にあります。
したがって、中国からのアップル社製「iPad」の輸出が禁止されてしまえば、世界へのアップル社製「iPad」の出荷そのものをストップさせることを意味します。

http://news.mynavi.jp/news/2012/02/17/069/

一方で、唯冠科技は、「iPad」の名称でパソコンを製造・販売しているようです。

http://rocketnews24.com/2012/02/17/183964/

今年3月に次期製品「iPad3」の発売が予定されるなか、中国での商標問題の行方が気になるところです。
我が国においても、先に使用していた者ではなく、先に特許庁に出願をした者に対し商標権を付与する先願・登録主義を採用しています。
商標は企業にとってブランドの命綱ですから、決して対岸の火事ではないのです。


将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2012 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「K-1」の商標奪還

2012年02月20日 06時54分30秒 | 商標

おはようございます。
弁理士の渡部です。

運営会社FEGの経営難によりイベント活動を停止していた「K-1」が、3/17に、後楽園ホールで「全国高校K-1選手権決勝大会~K-1甲子園~」を開催することを決めました。

ところが、昨年7月に、運営会社FEGが所有する「K-1」などの商標権が、別会社(株式会社バルビゾン)に移管されていました。
「K-1」の名称でイベントを行っていく以上、商標権の奪還又は使用許諾は必須です。
商標を使用する権原がなければ、如何に運営会社や創始者であっても、「K-1」の名称を使用することはできないからです。

商標権を取得するために、多額の資金が動いているようです。

http://npn.co.jp/article/detail/56830000/

ちなみに、バルビゾン社が所有する「K-1」に関する商標としては、現在のところ以下のものがあります。

「K-IGRAND PRIX」(登録3308711号)
「K-1GRAND PRIX」(登録4452159号)
「K-1GRAND PRIX」(登録4463784号)
「K-1GRAND PRIX」(登録4463785号)
「K-1GRAND PRIX」(登録4463786号)
「K-1GRAND PRIX」(登録4485523号)
「K-1GRAND PRIX」(登録4498336号)
「K-1GRAND PRIX」(登録4499855号)
「K-1GRAND PRIX」(登録4504659号)
「K-1GRAND PRIX」(登録4531527号)
「K-1」(登録4570421号)
「Dynamite!」(登録4739145号)
「Dynamite!」(登録4792665号)
「K-1 FIGHTING NETWORK」(登録4904826号)
「K‐1 PREMIUM\§Dynamite!!」(登録4921551号)
「K-1 WORLD GP」(登録4940740号)
「K-1」(登録5191619号)
「K-1」(登録5195405号)
「K-1」(登録5205198号)
「K-1」(登録5216283号)
「K-1」(登録5216284号)
「K-1」(登録5222717号)
「K-1」(登録5222718号)
「K-1\KING」(登録5222725号)
「K-1」(登録5235375号)
「K-1」(登録5249152号)
「K-1」(登録5249153号)
「K-1」(登録5255459号)
「K-1」(登録5255460号)
「国際K-1連盟」(登録5295468号)
「Federation Internationale de K-1\Association」(登録5295469号)
「世界K-1連盟」(登録5295470号)


将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2012 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鎌倉着物サービスのご案内

2012年02月17日 06時59分31秒 | その他

おはようございます。
弁理士の渡部です。

鎌倉にようこそ!
鎌倉のどこにまず足を運ばれますか?
静かなたたずまいの神社仏閣に。
美味しいお食事やスイーツを味わいに。
また、ゆったりとスローな時間を感じさせてくれる海辺に。
なんとなくノスタルジーな気分を味わいに、文学館や路地の洋館に。
また、観光だけでなくビジネスにおいても、鎌倉での自社ブランドを守るために特許事務所に。

どこに行かれても、そこここに、鎌倉の香りを感じていただけると思います。
もしあなたが今、着物をお召しであれば、ほんの少しさらにご満足な気分を味わっていただきたいと思います。

着物は伝統文化の中でも、世界に誇れるものです。
自然あふれる鎌倉の街を着物の似合う街にしたいと願っています。

着物を着て、鎌倉にお越しください。
心からお待ちしています。

「社)鎌倉市観光協会 着物サービス協力店」のステッカーの貼ってあるお店にお越しいただければ、特別なサービスをご用意しております。
当事務所では、着物を着て鎌倉を来訪されたお客様に対し、事務所手数料を10%割引させていただいています。
期間は、2012年2月10日(金)~3月11日(日)までです。

【お問い合わせ先】
将星国際特許事務所:0467-73-8540
鎌倉市観光協会  :0467-23-3050


将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2012 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

誹謗中傷完全削除サービス

2012年02月17日 06時58分01秒 | 著作権

おはようございます。
弁理士の渡部です。

世の中には、種々多様なサービスがあります。
便利になれば、その反作用で不便になる部分があります。
そして、不便になった部分を解消する便利なサービスが出現します。
そうすると、その反作用でまた別の部分が不便に...。
環境が変化する限り、新しいサービスは次々と生まれてきます。

http://benu-mm.com/form/


将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2012 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ショッピングサイトにも責任あり

2012年02月17日 06時55分52秒 | 商標

おはようございます。
弁理士の渡部です。

ショッピングサイトで商標権を侵害する商品が出店された場合、サイト運営者の法的責任はどうなるのでしょうか。

知財高裁は、
「商標権侵害を知って合理的な期間内にサイトから削除しなければ、商標権者はサイト運営者に差止め請求できる」
との判断を示しました。

この訴訟は、有名な商標「チュッパ チャプス」に類似する商標を使用した商品が楽天市場で販売されていたことから、商標権者が楽天に対し商品の販売や広告の差止請求を求めていたものです。
これまでは、いわゆるプロバイダ責任制限法に基づいて、サイト運営者に対して商標権侵害情報の削除などを求めるという対処が一般的であったのに対し、今回の判決は、商標権に基づく差止請求権や損害賠償請求権を認めた点で大きな意味があります。

以下、判例の原文です。

http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20120216101709.pdf

判決文99頁の抜粋:
(1)本件における被告サイトのように,ウェブサイトにおいて複数の出店者が各々のウェブページ(出店ページ)を開設してその出店ページ上の店舗(仮想店舗)で商品を展示し,これを閲覧した購入者が所定の手続を経て出店者から商品を購入することができる場合において,上記ウェブページに展示された商品が第三者の商標権を侵害しているときは,商標権者は,直接に上記展示を行っている出店者に対し,商標権侵害を理由に,ウェブページからの削除等の差止請求と損害賠償請求をすることができることは明らかであるが,

(2)そのほかに,ウェブページの運営者が,単に出店者によるウェブページの開設のための環境等を整備するにとどまらず,運営システムの提供・出店者からの出店申込みの許否・出店者へのサービスの一時停止や出店停止等の管理・支配を行い,出店者からの基本出店料やシステム利用料の受領等の利益を受けている者であって,その者が出店者による商標権侵害があることを知ったとき又は知ることができたと認めるに足りる相当の理由があるに至ったときは,その後の合理的期間内に侵害内容のウェブページからの削除がなされない限り,上記期間経過後から商標権者はウェブページの運営者に対し,商標権侵害を理由に,出店者に対するのと同様の差止請求と損害賠償請求をすることができると解するのが相当である。


将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2012 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

他とは違う、知的財産活用の知識をもつ特許事務所

弁理士 渡部 仁が事業者の皆さまに宛てたメッセージです。

▲続きは、こちらのレターをご覧ください。


商標登録からブランド化へ

将星国際特許事務所は、地元鎌倉に根ざした特許事務所として、商標登録を取得し鎌倉でブランドを育てる企業を支援しています。商標登録を取得するだけでなく、商標登録を取得した後、商標を活用しブランドを育てるお手伝いをしています。


▲ブランド化の取り組み事例「井上蒲鉾店様
for English



▲ブランド化の取り組み事例「鎌倉青果様
for English



▲ブランド化の取り組み事例「鎌倉薬膳アカデミー様
for English

商標登録の実績

将星国際特許事務所は、商標登録が難しいとされた事件でも、商標登録に導いた数々の実績があります。商標登録については、初歩的なことから難しい事件まで、どのようなご相談にもお応えします。ぜひお気軽にお問い合わせください。


▲商標登録の実績紹介「レストランレネ様
for English

利益を生む特許の活用

将星国際特許事務所は、特許を取得し活用する企業を支援しています。特許は利益を生み出すツールです。よい製品・サービスが利益を生み、特許によってさらなる利益が生まれます。当事務所には、特許を活用し利益につなげるノウハウがあります。


▲特許の活用事例「グロータック様
for English

TBSラジオ番組に生出演!

TBSラジオ番組の「新しいタイプの商標」の特集で、弁理士 渡部 仁がサウンドロゴ(音商標)の第一人者としてコメントしました。2015年4月から新たに対象となった5つのタイプの商標について分かりやすく紹介しています。

弁理士の渡部仁さんと一緒に学びました。
▲弁理士 渡部 仁が「爆笑問題の日曜サンデー」に生出演

ピクシディア様のお客様の声に出演!

弁理士 渡部 仁が動画制作の取り組みについてコメントしました。商標登録という専門的な内容を分かりやすく伝えるためのツールとして動画を活用していることを紹介しています。


▲弁理士 渡部 仁が「ピクシディア様のお客様の声」に出演

特許技術「商標レコメンドシステム®」

将星国際特許事務所は、お客様の特許を取得するだけでなく自らも自社開発の技術について特許を取得し、商標登録のサービスについて他にはない新しい価値を創造し提供しています。


▲特許技術「商標レコメンドシステム」で事業の将来まで守る商標登録を実現

ラジオ番組「鎌倉日和®」

将星国際特許事務所では、毎月第4木曜日の11:20~11:35、Kamakura FMでラジオ番組「鎌倉日和」を生放送でお送りしています。地元鎌倉に根ざした特許事務所として、商標登録を取得し鎌倉でブランドを育てる企業様を、音に乗せてどんどん紹介させていただきたいと考えています。


▲当事務所がお届けするラジオ番組「鎌倉日和」毎月第4木曜日11:20オンエアー

ニュースレター「鎌倉日和®」

将星国際特許事務所では、鎌倉の企業様への情報発信誌としてニュースレター「鎌倉日和」をお届けしています。皆様の事業にお役立ていただけるように、鎌倉ブランドを育てる企業様の取り組みや知的財産のニュースなどを紹介して参ります。


▲当事務所がお届けするニュースレター「鎌倉日和」

サウンドロゴ制作・活用の事例

将星国際特許事務所は、サウンドロゴ(音商標)を制作し活用しています。中小企業の活用事例としてご参考ください。

子どもと作るサウンドロゴ サウンドロゴの制作事例

私たちがモデルケースとして、実際にサウンドロゴを制作し、商標登録を受けPRに活用することで、使い方やその効果などを具体的にイメージしていただけるようにしたいと考えました。

ラジオ番組「鎌倉日和」 サウンドロゴの活用事例

Kamakura FMで当事務所のラジオ番組「鎌倉日和」を毎月第4木曜日の11:20~11:35に放送していただいています。この番組のオープニングとエンディングにサウンドロゴを流しています。

サウンドロゴの活用事例

当事務所の留守番電話のメッセージにサウンドロゴを流してみました。私たちは、留守の時も、サウンドロゴを流すことでお客様に覚えてもらえるように、ちょっとした工夫をしています。

鎌倉花火大会とサウンドロゴ サウンドロゴの活用事例

鎌倉花火大会では、当事務所も尺玉を打ち上げました。そして、目玉企画として、サウンドロゴを使ったメッセージを流すという鎌倉花火大会史上初の取り組みを実施しました。