弁理士 渡部 仁 特許・商標・知財ブログ

特許・商標・知的財産に関するビジネスブログ

IoTの特許戦略「IoTの仕組みと特許の対象」

2016年10月05日 06時12分23秒 | 特許・実用新案

おはようございます。
弁理士の渡部です。

IoTの仕組みはとてもシンプルです。
基本的な仕組みは次の4つです。

(1)モノにセンサーを取り付け、
(2)センサーから得られる情報をクラウドにアップロードし、
(3)クラウドで情報を分析し、
(4)その結果に基づいてサービスを提供する、
という流れになります。

したがって、どのようなモノにセンサーを取り付けるのか、クラウドでどのように情報を分析するかが技術の中心となります。

IoTも技術の一つですから、特許で保護することができます。
どこが特許の対象になるかというと、例えば、次のような部分になります。

(1)センサーの仕組み
(2)センサーから情報を収集する仕組み
(3)クラウドで情報を処理する仕組み
(4)クラウドの処理結果を提供する仕組み

IoTの特許を検討する場合は、まず、どこが特許の対象になるのか、というターゲットを絞り込むことが最初に行う試みになります。

特許や商標登録など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、こちらから。


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2016 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは特許サイトでお受けします。
ジャンル:
ビジネス実用
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 商標トロール「全体の1割に... | トップ | ゲーム「ファイナルファンタ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。