弁理士 渡部 仁 特許・商標・知財ブログ

特許・商標・知的財産に関するビジネスブログ

商標トロール「規制すると困る善意の企業もいる」

2016年10月13日 09時15分13秒 | 商標

おはようございます。
弁理士の渡部です。

本日は、先のブログ「商標トロール『料金を支払わなくても生き続ける』」の続きです。

説明が長くなりましたが、要するに、(1)料金を支払わなくても商標出願が受理されること、(2)料金を支払うまで一定の猶予期間が与えられること、(3)猶予期間中に分割出願が行えること、(4)分割出願は元の出願日が維持されることを利用し、本来ならば年間1億2千万円以上を投資しなければならないところ料金の大部分を支払うことなしにこの活動を行っていることが、商標制度の抜け道をついているといわれる所以です。

そもそも商標制度は善意の利用を前提として設計されており、このような仕組みも抜け道ではなく、本当に料金が支払えない企業の救済措置として設けられているものです。
ですから、商標トロールのためだけにこの救済措置をなくしたり厳しくしたりすると、国際的な取り決めの壁もそうですが、他に影響が出てしまうので対策が容易ではないと頭を悩ませているところでしょう。

次回は、本記事の続きとして「商標トロール『商標制度を知ることが自衛策の一歩』」についてお話します。

商標登録や特許など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、こちらから。


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2016 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。
ジャンル:
ビジネス実用
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« IoTの特許戦略「まずはア... | トップ | 祝!鎌倉ブランド「Romi... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。