弁理士 渡部 仁 特許・商標・知財ブログ

特許・商標・知的財産に関するビジネスブログ

ブランドのネーミングを短くすべき理由〜短いネーミングの弱点とは?

2017年05月12日 08時20分14秒 | 商標

おはようございます。
弁理士の渡部です。

ニュースサイト「節約社長」にて、私が執筆した記事「ブランドのネーミングを短くすべき理由〜短いネーミングの弱点とは?」が掲載されました。

商標登録、特許、知的財産に関するホットな話題を独自の視点で捉え、お伝えしています。

当事務所のホームページにも掲載しています。
ぜひご覧ください。

ブランドのネーミングを短くすべき理由〜短いネーミングの弱点とは?

心理学には「ワーキングメモリ」という概念がありますが、人間が一度に覚えられる文字は約6文字と言われています。よって、商品をブランドのネーミングと同時に顧客へ認知してもらうには、短い文字でネーミングをつける必要があります。ただし、短いネーミングには一つの欠点があります。

商標登録や特許など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、こちらから。


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2017 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。
ジャンル:
ビジネス実用
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 商標登録できても自分の氏名... | トップ | 茅ヶ崎市役所で知財専門相談... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

商標」カテゴリの最新記事