弁理士 渡部 仁 特許・商標・知財ブログ

特許・商標・知的財産に関するビジネスブログ

IoTの特許戦略「手段型アプローチ」

2016年04月13日 06時21分05秒 | 特許・実用新案

おはようございます。
弁理士の渡部です。

IoTの特許戦略においては、2つのアプローチがあります。
先のブログ「IoTの特許戦略『目的型アプローチ』」では、2つのアプローチのうち目的型アプローチについてお話をしました。

目的型アプローチに対し、IoTによって得られる結果は既存のものであるが、その結果を得るための手法がユニークであり、そこに特徴を見出して特許を取得するやり方があります。
結果を得るための「手段」に着目するので、手段型アプローチということができます。

例えば、あるアルゴリズムで処理することにより、従来のやり方と比べて、高速化や効率化を実現することができる技術については、手段型アプローチで特許の取得を検討することができます。

手段型アプローチでは、手段に特徴があることから手段を限定しなければなりませんが、IoTの分野において高速化や効率化を実現するための処理は世の中に無数に存在するので、既存のすべての処理との差別化を図らなければならず、特許の取得が容易ではないという点があります。

手段型アプローチで特許を取得するためには、深い研究開発が必要でコストがかかるので、まずは、目的型アプローチで特許を取得することができる技術があるかどうかを検討することがよいでしょう。

商標登録や特許など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、こちらから。


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2016 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。
ジャンル:
ビジネス実用
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中小企業向けPCT出願料金... | トップ | 商標登録、費用に勝る秘訣|... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。