弁理士 渡部 仁 特許・商標・知財ブログ

特許・商標・知的財産に関するビジネスブログ

表現多彩に作品披露

2017年01月23日 12時03分14秒 | 地域

逗子市の事業者様に参考になる情報をお届けします。ものづくりに欠かせないデザイン。開発したデザインについて意匠を登録・活用することで事業利益の向上につなげることが重要です。当事務所は、“利益を生む知的財産の活用”を追求します。あなたの事業内容及びターゲットとする市場をしっかりと理解し、それに合った戦略をご提案します。

引用:表現多彩に作品披露

一色ゆかりの作家13人

表現多彩に作品披露 文化

しおさい博物館で21日まで

一色にゆかりある画家や写真家らが作品を披露する「葉山一色海岸アート展」が8日、葉山しおさい公園内にある博物館で始まった。絵画や写真、金属工芸、手ぬぐいなど約100作品が来場者らの目を楽しませている。一色商店会と同実行委の共催。

特別参加を含む13人の作家が作品を持ち寄った。同館では「表現豊かな作品の数々を見に足を運んでいただければ」と話している。

21日(土)まで。観覧は無料だが、入園料300円が必要。

午前8時30分から午後4時30分。16日(月)休館。

しおさい公園に100点の作品、見応えがありそうですね。

さて、芸術家やデザイナーが関連する知的財産のひとつに「意匠登録」があります。
意匠登録は、販売する商品のデザインに関して独占的に製造・販売できる権利です。
意匠登録の際に気をつけなければならないのは、そのデザインが新しく、未発表の物であるということ。
どこかで公表してしまってからでは、意匠登録はできないのでお気をつけ下さい。

特許や商標登録など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、こちらから。


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2017 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは特許サイトでお受けします。
ジャンル:
ビジネス実用
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 五輪マスコット、立体商標は... | トップ | IoTの商標登録はどの区分? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。