弁理士 渡部 仁 特許・商標・知財ブログ

特許・商標・知的財産に関するビジネスブログ

Googleが「ググる」と「Google」の違いを巡り裁判

2017年06月14日 10時02分34秒 | 商標

おはようございます。
弁理士の渡部です。

「これわからないんだけれど…」「ググったら?」

このように、検索サービス大手Google社(以下、Google)の名称は、一般動詞になるくらい日常生活で広く使われています。

企業の側から見れば、これだけ社会に自社商品・サービスが浸透しているなら、この「ググる」という動詞に入った自社の名称を悪用されぬため守る必要がある、と考えるのは当然です。

というのも直近、アメリカでGoogleが、この「ググる」という言葉を巡り、一般男性(原告)と争った裁判で、「Google」の名前は普通名称にはなっておらず、商標として保護されるという、Googleに有利な判決が出ました。

引用:「グーグル」と「ググる」は別物 米高裁が商標権認める

「グーグル」と「ググる」は別物――。米グーグルの商標権を巡る訴訟で、サンフランシスコ連邦高裁は16日、「グーグル」はまだ普通名称化しておらず、商標として保護されるとの判決を下した。

この裁判のなかで、原告は、「Google」の名前は「ググる」(Let me google it)のように「Googleで検索する」という意味で広く使われているので、普通名称になっており、商標権は消滅していると主張しました。

これに対し、裁判所は、「ググる」(Let me google it)と「Google」は別物であり、「Google」の名前は普通名称になっていないと判断しました。

次回は、「ブランド名が普通名称化するとき〜味の素の場合」についてお話しします。

商標登録や特許など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、こちらから。


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2017 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。
ジャンル:
ビジネス実用
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神奈川県立産業技術総合研究... | トップ | 6月のカバー画像「浄智寺の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。