弁理士 渡部 仁 特許・商標・知財ブログ

特許・商標・知的財産に関するビジネスブログ

ロボット補助金 1件採択

2017年01月25日 10時37分24秒 | 地域

藤沢市の事業者様に参考になる情報をお届けします。ものづくりに欠かせない技術。開発した技術について特許を取得・活用することで事業利益の向上につなげることが重要です。当事務所は、“利益を生む特許の活用”を追求します。あなたの事業内容及びターゲットとする市場をしっかりと理解し、それに合った戦略をご提案します。

引用:ロボット補助金 1件採択

藤沢市は12月27日、2016年に創設した「ロボット産業推進事業補助金」の対象として(株)ソーワエンジニアリング=弥勒寺=の事業1件を採択したと発表した。補助額は100万円。

事業名は「歩行補助・歩行支援装置量産化のための試作開発」で、脳血管疾患などで歩行困難になった人に対し、機能回復トレーニングを提供する装置の試作開発を行うもの。

同社は、これまでに大学医学部・工学部の研究者らと連携し試作モデルを開発。すねの横に取り付けたモーターが足首を動かす補助をして歩行を支援する。今後は、製品化に向けて安全性や耐久性の実証実験を続け、生産技術の向上と製品の改良を行っていく。

同社は「製品化が実現すれば、小型軽量で使いやすいものとなる。患者の自発的な歩行を補助し、リハビリの機会も増え、効果も高くなることが期待される」と話している。

市産業労働課によると、同補助金は、医療関連分野や生活分野において使われるロボット開発の新事業展開を支援するもの。1年以上市内に事業所を置く中小企業が対象で、1件につき100万円(上限)を補助する。昨年8月から9月にかけて募集したところ3件の応募があり、専門家を含めた審査会で1件に交付を決めた。

藤沢市は市内の工業の活性化を促進するために、補助金やセミナーの開催等、さまざまな活動を行っています。
上手に活用して技術力を高め、他社との差別化を打ち出せれば、収益の向上につながります。

開発の際に「ここは工夫したのだけど、、、」というポイントは、特許になる可能性を多く含んでいます。
特許は公表してしまった後では取得できないので、開発の段階から弁理士に相談することをお勧めします。

特許や商標登録など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、こちらから。


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2017 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは特許サイトでお受けします。
ジャンル:
ビジネス実用
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京オリンピックでマスコッ... | トップ | ラジオ番組「鎌倉日和」、放... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。