弁理士 渡部 仁 特許・商標・知財ブログ

特許・商標・知的財産に関するビジネスブログ

覚えやすいネーミング~短くシンプルに~

2017年03月09日 07時54分54秒 | 商標

おはようございます。
弁理士の渡部です。

本日は、先のブログ「ブランド化のためのネーミング」の続きです。
ブランド化に適したネーミングの条件として、顧客が覚えやすいネーミングであることを説明しました。

覚えやすいという点で代表的な工夫は「短くシンプル」という点です。
短くシンプルなネーミングにすることが覚えやすさの第1歩となります。

次の2つのネーミングを比較してみてください。
どちらが記憶に残るでしょうか。

・ソニー
・ブロードウェイ・ミッドタウン・ミュージック

皆様の経験からも長い名前はそれだけで覚えにくいのではないでしょうか。
顧客としては、世の中に覚えたいブランド名が数多くあるなかで、あなたの長いネーミングのために、これを覚えるための頭のメモリをたくさん使わなければならないイメージです。

この観点で大企業が使っているネーミングをみてください。
ソニー、AU、イオン、エルメスなど、短くシンプルなネーミングが見つかると思います。
また、「どんなブランド名が思いつきますか?」と問われたときに、パッと思いつくブランド名は結構、短くシンプルなネーミングが多かったりするはずです。

ですから、ブランド化に適したネーミングにするには、短くシンプルにすることが重要です。

一方、商標登録を取得しやすいネーミングという点では、一般的に短ければ短いほど取得しにくくなります。
短いネーミングはバリエーションが多くないこと、ブランド化に適していることから、既に多くの企業に商標登録が取得されているからです。

すなわち、短くシンプルなネーミングについては、顧客が覚えやすいが商標登録が取得しにくいというトレードオフの関係にあります。
大切なことは、トレードオフの関係があることを知っていることです。
これを知っていれば、短くシンプルなネーミングを採用するためには、思いつきでパッと決めるのではなく、たくさんの候補のなかから商標調査を行って絞り込むという作業をしなければならないということが分かります。

次回は、「覚えやすいネーミング~見た目・読み方・意味でみる~」についてお話しします。

商標登録や特許など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、こちらから。


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2017 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。
ジャンル:
ビジネス実用
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 任天堂から著作権侵害で訴え... | トップ | 茅ヶ崎市役所で知財専門相談... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。