弁理士 渡部 仁 特許・商標・知財ブログ

特許・商標・知的財産に関するビジネスブログ

IoTの特許戦略「目的型アプローチ」

2016年04月06日 06時58分17秒 | 特許・実用新案

おはようございます。
弁理士の渡部です。

IoTの特許戦略においては、2つのアプローチがあります。

一つは、IoTによって得られる結果がユニークなものであり、そこに特徴を見出して特許を取得するやり方です。
結果という「目的」に着目するので、目的型アプローチということができます。

例えば、先のブログ「IoTの特許戦略『ITの違いは現象を捉える点』」でご紹介したバルセロナコメディ劇場の「pay-per-laughシステム」では、来場者が笑った回数に応じて支払う料金を決めるという目的がユニークであると考えられるので、目的型アプローチで特許の取得を検討することができます。

目的型アプローチでは、目的に特徴があることから、目的を達成するための手段をさほど限定する必要がないので、簡単な処理の組み合わせであっても特許を取得することができ、広い権利範囲の特許を取得することができる可能性があります。

商標登録や特許など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、こちらから。


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2016 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。
ジャンル:
ビジネス実用
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中小企業向け特許料の軽減措置 | トップ | 祝!鎌倉ブランド「はんなり... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。