弁理士 渡部 仁 特許・商標・知財ブログ

特許・商標・知的財産に関するビジネスブログ

IoTの特許戦略「IoTとは何か」

2016年09月21日 06時14分33秒 | 特許・実用新案

おはようございます。
弁理士の渡部です。

IoTについてお話をしていくなかで、IoTってそもそも何?という質問をよく受けます。

IoTが注目されてはいますが、実は、IoTというのがよく分かっていないまま、IoTという言葉だけが一人歩きしてしまっているのではないかという印象を受けます。
もっとも、IoT自体の概念が固まっておらず、現在は、たくさんの事例を通じて、「IoTって、ああ、こういうものなんだ」というのを市場で理解している過渡期です。

ですので、何度も基本に立ち返って、IoTってそもそも何?という質問にいつも分かりやすく答えていくことが大切なのではないかと思っています。

そこで、本日は、IoTとITの違いについてお話します。

ITとIoTの文字を比べると、間にoが入っているだけなので、ITにoという何かが加わったのかと思ってしまいそうですが、ITとIoTは別々の技術を表す言葉になります。

ITとは、Information Technologyの頭文字をとったもので、パソコンなどを用いて情報を処理する技術のことをいいます。身近なところでいうと、私たちがメールをしたりホームページを見たりするのに用いる技術(PCやソフトウェア)を表しています。

これに対し、IoTとは、Internet of Thingsの頭文字をとったもので、「モノのインターネット」といわれています。
モノがインターネットにつながり、モノから得られた情報を分析し、新たなサービスにつなげる技術のことを表しています。ここでいうモノとは、パソコンやスマホなどの通信機器だけでなく、自動車や家電などの機械や、ドア、窓、机、植物、動物など、あらゆるモノが対象となります。

特許や商標登録など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、こちらから。


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2016 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは特許サイトでお受けします。
ジャンル:
ビジネス実用
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | ラジオ番組「鎌倉日和」、放... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。