弁理士 渡部 仁 特許・商標・知財ブログ

特許・商標・知的財産に関するビジネスブログ

IoTの特許戦略「センサーを取り付けただけでも特許」

2016年06月28日 06時18分43秒 | 特許・実用新案

おはようございます。
弁理士の渡部です。

IoTでは、モノにセンサーを取り付け、センサーから得られる情報をサーバで処理するというのが基本的な枠組みとなります。

先のブログ「IoTの特許戦略『ITとの違いは対象』」で紹介したミシュランの事例では、タイヤ(モノ)にセンサーを取り付けています。

これからの技術がIoTに向かうことを考えると、まず、数多く販売されるタイヤについて特許を押さえておけば有利です。
でも、タイヤにセンサーを取り付けただけの構成で特許が取得できるのでしょうか。

この場合、2つのアプローチで検討します。

1つ目のアプローチは、まず、センサーを取り付けたタイヤ自体が従来から存在するかどうかを調べることです。
もし存在しなければ、センサーを取り付けたタイヤについて特許の取得を検討することができます。
タイヤにセンサーを取り付ける必要性は、背景にあるIoTによる処理(サーバでの処理)を行うためです。
したがって、IoTで何を目的とした処理を行うか(課題)が知られていなければ、タイヤにセンサーを取り付ける必要性もまた知られていないわけで、特許庁の審査で「従来の技術から容易に考えついた」という理由が説明できないからです。

次回は、「モノの特許、第2のアプローチ」についてお話しします。

特許や商標登録など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、こちらから。


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2016 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは特許サイトでお受けします。
ジャンル:
ビジネス実用
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 商標登録、費用をかけて得す... | トップ | 神奈川産業振興センター知財... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。