弁理士 渡部 仁 特許・商標・知財ブログ

特許・商標・知的財産に関するビジネスブログ

商標トロール「企業にもできる自衛策」

2016年10月18日 08時17分50秒 | 商標

おはようございます。
弁理士の渡部です。

本日は、先のブログ「商標トロール『商標制度を知ることが自衛策の一歩』」の続きです。

第1は、できるだけ早期に商標登録を取得することです。
新しい商品・サービスを企画する場合、名称やロゴマークが決定した段階で商標登録の検討を忘れずに行うことが重要です。

第2は、新しい商品・サービスの名称やロゴマークである場合は、名称やロゴマークを1つだけでなくいくつか候補を作成し、商標調査を行って商標登録の可能性が高い名称やロゴマークを採用するというプロセスを設けることです。
商標調査の費用はかかりますが、請求されるライセンス料やその後に商標変更に要する費用に比べたら微々たるものです。

第3は、「こだわらない」という気持ちをもつことです。
商標登録に限った話ではありませんが、こだわりると、費用が高くつくのが相場です。
まだ使用していない商標は、自社が気に入っている点で価値はあるものの、経済的価値はほとんどありません。
商標は長年使用し、ブランドが蓄積されることに評価が集まります。
ですから、まだ使用していない商標が、仮に商標トロールが分割出願している商標とバッティングしても、こだわりだけで商標登録を進めると高くついてしまうので、他の商標を選択することも冷静に考えることが大切です。

商標登録や特許など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、こちらから。


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2016 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。
ジャンル:
ビジネス実用
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 商標トロール「商標制度を知... | トップ | 脱獄「何が商標権侵害なのか」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。