弁理士 渡部 仁 特許・商標・知財ブログ

特許・商標・知的財産に関するビジネスブログ

商標トロール「商標制度を知ることが自衛策の一歩」

2016年10月17日 08時09分42秒 | 商標

おはようございます。
弁理士の渡部です。

本日は、先のブログ「商標トロール『規制すると困る善意の企業もいる』」の続きです。

商標トロールの活動は、私たちの仕事にも影響がでることがあります。
お客様から依頼を受けた商標について、出願前にその商標が登録を受けられるかどうかを商標調査するのですが、商標トロールが分割出願している商標とバッティングすることがあるからです。

特許庁では、「自社の商標について商標トロールの出願があっても、自社の商標登録を断念されることのないようご注意ください。」と注意を喚起しています。

しかし、最終的には商標登録を受けられるかもしれませんが、そこに至るまで商標制度が保証する仕組みのなかで調整が必要となるので、時間も費用もかかり、商標トロールからライセンス料を請求されるというリスクもあります。

お客様にはこれらの事情を説明した上で、商標を変更するか、時間をかけてでも商標登録を進めるかを大きな方針として検討いただくことになります。
商標トロールの出願が全体の1割もあると、このようなケースに遭遇することも珍しくなく、私たちの仕事にも影響が出てきています。

国による対策も求められているところですが、商標制度では「先に出願した者に権利を付与する」という先願主義が採用されているので、企業の皆様には、商標トロールに遭遇しないように早期に商標登録を取得し、事業の安心を守っていただきたいと願う次第です。

次回は、本記事の続きとして「商標トロール『企業にもできる自衛策』」についてお話します。

商標登録や特許など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、こちらから。


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2016 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。
ジャンル:
ビジネス実用
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 祝!鎌倉ブランド「Romi... | トップ | 商標トロール「企業にもでき... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。