弁理士 渡部 仁 特許・商標・知財ブログ

特許・商標・知的財産に関するビジネスブログ

IoTの特許戦略「ソフトウェアのインフラ」

2016年03月07日 06時11分58秒 | 特許・実用新案

おはようございます。
弁理士の渡部です。

IoTでは、ITと比べ、処理すべき情報が膨大であるということです。
そうすると、大量の情報を処理するために、高速・効率的な処理を行うハードウェア・ソフトウェアの開発が必要となりますので、この点を特許で押さえていくことが戦略の一つとして挙げられます。

Perforce Software社は、IoTに対応する情報処理の課題について次のように述べています。
「IoTでは、物理的なオブジェクトの差別化を、物体のかたちや重量、塗装などではなく、ソフトウェアで行うといったケースがしばしばあるのです。」
「そうなってくると大きな課題となるのが、従来のソフトウェア構成管理ツールはソフトウェアだけを対象にしているため、物理的なオブジェクトへの反映についてほとんど考慮されていないという事実です。」 
引用:http://news.mynavi.jp/articles/2015/05/15/perforce/

すなわち、IoTに対応するためには、従来ソフトウェアを対象していた枠組みを、物理的なオブジェクトを対象とした枠組みに変えるところからスタートしなければならないとの認識が示されています。

このようなソフトウェアのインフラは、対象とするモノごとに異なるでしょうから、そこには工夫や改良が数多く必要になってくることが予測されます。
同時に、これらの工夫や改良は、多くの技術者が努力を重ねた結果として得られるものであるので、他社に安易にまねされて開発費の回収が阻害されないように、特許でプロテクトすることが重要な戦略となるでしょう。

商標登録や特許など知的財産に関してお困り事やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせは、こちらから。


将星国際特許事務所ロゴ
将星国際特許事務所 弁理士 渡部 仁(Watabe Hitoshi)
Copyright © 2016 将星国際特許事務所 All rights reserved.
コメントは弁理士Facebookで、お問い合わせは商標サイトでお受けします。
ジャンル:
ビジネス実用
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 商標登録、費用で選ぶ前に必... | トップ | 商標登録、費用の内容をチェ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。