林時計鋪

もちろん時計の話を中心にその他諸々を、、、

プリム パヴーク×コードバン

2017-07-23 | PRIM

パヴーク PAVOUK Ref.PR.PVH.34.WH

林私物です。
パヴーク白文字盤にコードバンのナチュラルカラーを合わせています。
ケース径34mm手巻き、そしてこの文字盤、このケースです。良い意味で今っぽさがありませんね。何となくホッとさせてくれる時計です。これが最大の特徴かもしれませんね。しかし、色々と特徴はありますのでご紹介したいと思います。





パヴーク PAVOUK Ref.PR.PVH.34.WH

パヴーク PAVOUK Ref.PR.PVH.34.WH

パヴーク PAVOUK Ref.PR.PVH.34.WH

パヴークはチェコ語で‘蜘蛛’を意味するそうです。ラグのデザインが特徴的ですよね。
文字盤の装飾は1960年代のオリジナルを踏襲しています。また、白文字盤に赤の秒針が本当に良く映えます。
ケース径34mmに対してやや広めのラグ幅18mm。ケース径は小さいもののレディースウォッチの要素は全く無く、完全なメンズウォッチです。





パヴーク PAVOUK Ref.PR.PVH.34.WH

ケース厚の公式表記は11mm。
ケース7mm+ガラス4mm=11mmです。
ドーム型のボヘミアンサファイヤクリスタルは表裏を削り出したもので、スイスやドイツ製の機械式時計には使われていないものです。実際に店頭で比べて見て頂けると違いがわかると思います。また、このガラスは無反射コーティングをかけていません。一般的には無反射コーティングがかかっているものが多いのですが、プリムの時計の場合逆に無反射コーティング無しというのがプラスになっている気がします。
ケーシングにしてもスイスの一流メーカーに比べると甘い部分はありますが、その分価格も抑えられていますから、全く問題ありません。既に何人かのお客様にはご購入、ご注文頂いておりますが、それを理解した上ですので、どちらかと言うと時計歴が長いお客様が多い印象ですね。





パヴーク PAVOUK Ref.PR.PVH.34.WH

文字盤を拡大して撮影しました。
よーく見るとハートパターンの彫です。逆ハート型?
インデックスは昔っぽいですよね。丁度ドーム型の立ち上がりの部分ですので屈折して見える箇所もありますが、11時位置のインデックスが本来の形です。どうもこのインデックスの製作も一般的な製作方法とは違うようですので、そのあたりはまたリサーチしておきます。
因みにケース素材は316Lですので、ロレックス以外のスイス、ドイツメーカーと同じです。





パヴーク PAVOUK Ref.PR.PVH.34.WH

cal.93
17石
毎時21,600振動
48時間パワーリザーブ

パーツの一部はスイス製のものを使っていますが、設計も含め自社生産を行っています。






パヴーク PAVOUK 
Ref.PR.PVH.34.WH
ケース径:34mm
ケース厚:11mm
防水性:50m
¥369,360(税込)※通常純正リザードがついていますが、クロコダイル等選択可

オーダーコードバン
¥23,760(税込)※納期約3週間





カテゴリにPRIM追加しました。

これから楽しみなメーカーですので随時ご紹介致します。









 

林時計鋪 
〒514-0028
三重県津市東丸の内19-6
TEL/059-228-3079 FAX/059-228-9948
E-mail/h-tokeiho@h-oyaji.jp



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジャガー・ルクルト レベルソ・クラシック... | トップ | ブルー文字盤 »
最近の画像もっと見る

PRIM」カテゴリの最新記事