村上春樹を英語で読む

なぜ、こう訳されているのかを考える。

チーム名は、個々の選手の集合体である

2016-10-17 12:26:53 | ことばの意味を実感する
次のような記事が目に留まりました。

Clayton Kershaw kept the Cubs off the board, allowing just two hits through seven innings. Now that he's out, can his Dodgers hang on to win?-espn.go.com

アメリカメジャーリーグ・ドジャーズ(Dodgers)のエース・カーショー投手が7回まで相手チームのカブズ(Cubs)を零点に抑え、マウンドを降りた後の話です。
 英文後半を訳すと「今や彼が降りて、彼のDodgersは何とかがんばって勝てるだろうか?」となります。
 以前にも本ブログで、野球に関して「今年はどこが勝つだろう」という場合、英語ではwho will win?と「どこ」がwhoとなる例を挙げましたが、これも「チームは個々の選手の集合体」なので、人扱いになるのです。
 ということで、上例のhis Dodgersは、日本語頭では「彼のチーム」と訳すべきなのでしょう。日本の野球では決して、「彼の虎たちは」などと言わないでしょうから。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「牛河は一瞬混乱した」関係性 | トップ | 『グレート・ギャツビー』翻... »