村上春樹を英語で読む

なぜ、こう訳されているのかを考える。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「外に出ていない」(2)概念と実体

2016-12-13 19:13:14 | 村上春樹を英語で読む
8月7日に『1Q84』から次のような例を挙げて考えた。

一時間ほど前に部屋に戻ってきてから、牛河は外に出ていない。
After he came back an hour or so ago, Ushikawa hadn’t been out again.

「外に出ていない」がhadn’t been out againと訳されている。

しかし次例参照。『1Q84』から。

「そのとおりだ。マダムとそのマンションの関連性はいくら調べても浮かび上がってこない。繋がりは徹底的に消去されている。しかしそれは短期間に限っての話だ。籠城が長びけば、綻びはやがてどこかに出てくるものだ。思いも寄らぬところに。たとえばあんたがふらふらと外に出ていって、たまたま目撃されたりすることがあるかもしれない。ひとつの可能性として」
「私は外には出ていない」と青豆はきっぱりと言う。
“I don’t go outside,” Aomame insisted.

この場合の「外に出ていない」にはagainは追加されていない。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「不自然なくらい均質だった... | トップ | 「考えを持っている」と「印... »