村上春樹を英語で読む

なぜ、こう訳されているのかを考える。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「揺らいだ視野が定まると」は英語で?

2016-11-02 13:01:51 | 村上春樹を英語で読む
『1Q84』に次のような箇所がある。下はその最後の文の英訳である。

気がついたとき、一人の男が滑り台の上にいる。そこに腰を下ろし、空の一角を見上げている。青豆の心臓がきりきりと縮まり、小さな子供の握り拳ほどの大きさになる。もう二度と動き出さないのではないかと思えるほど長く、心臓はその大きさに留まっている。それから唐突に膨らんでもとのサイズに戻り、活動を再開する。乾いた音を立て、狂おしいばかりの速度で全身に新しい血液を配布する。青豆の意識も急いで水面に浮かび上がり、ひとつ身を震わせてから行動の態勢に入る。
 天吾だ、と青豆は反射的に思う。
 でも揺らいだ視野が定まると、それが天吾でないことがわかる。
But once her vision cleared, she knew it wasn’t him.

「揺らいだ視野が定まる」がonce her vision cleared(視野が晴れると)と訳されている。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「執拗に捜索を重ね」は英語で? | トップ | 「ある角度」関係性 »