村上春樹を英語で読む

なぜ、こう訳されているのかを考える。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「叫び声を上げようとする」は「声を上げた」のか?

2017-01-25 11:13:16 | 村上春樹を英語で読む
『1Q84』に次のような箇所がある。下はその最初の文の英訳である。

青豆は叫び声を上げようとする。必死に助けを呼ぼうとする。しかしそれは特殊な素材で作られた部屋だ。壁や床や天井がすべての音を瞬時に吸い取ってしまう。彼女自身の耳にさえその叫びは届かない。青豆はあのメルセデス・クーペに乗った婦人がやってきて、自分を助けてくれることを求める。自分とその小さなものを。しかし彼女の声は白い部屋の壁に空しく吸い込まれてしまう。
Aomame calls out, desperately seeking help.

英文を和訳すると、「青豆は声を上げた。必死に助けを呼ぼうとして」となる。原文最後に「彼女の声は白い部屋の壁に空しく吸い込まれてしまう」とあるように、実際には英訳のように声は出ているのである。もちろん、これは翻訳であることの有利な点でもあるのだが、原文最初の「青豆は叫び声を上げようとする」は「叫び声を上げる」でも良いのであろうか?

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「針の感触」 | トップ | 「列車は近づいている」 »