村上春樹を英語で読む

なぜ、こう訳されているのかを考える。

「首」は英語でneckかthroatか?

2016-10-17 12:47:49 | 村上春樹を英語で読む
『1Q84』に次のような箇所がある。下はその英訳である。

その誰かは間髪を置かず牛河の首に腕を回した。
In the blink of an eye, the person wrapped his arm around Ushikawa’s throat.

「首」がthroat(喉)と訳されている。この後原文は次のように続く。

訓練を積んだ強靭な男の筋肉を牛河は首筋に感じた。その腕は彼の首をコンパクトに、しかし万力のように容赦なく締め上げた。
Ushikawa felt a man’s strong, trained muscles around his neck. This arm constricted his throat, squeezing him mercilessly in a viselike grip.

「首筋」がneck、つづく「首」はthroatと訳されている。つまり、息ができないように「締め上げ」るのは、英語ではneckではなくthroatになる。この違いの調査は続く(予定)。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「小説の語り手が書けること... | トップ | 「声にならない声をだし」関係性 »