村上春樹を英語で読む

なぜ、こう訳されているのかを考える。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「小説の語り手が書けること」の日英比較(200)

2016-10-08 13:00:51 | 村上春樹を英語で読む
『1Q84』に次のような箇所がある。下はその英訳である。

牛河は彼らの行き来をただ目で追っていた。カメラのシャッターを押すこともなかった。これ以上彼らの写真を撮る必要はない。今では牛河の関心は三人の人物に絞られていた。
Ushikawa watched them come and go but didn’t snap any photos. There wasn’t any need. Ushikawa was focused on only three people.

「これ以上彼らの写真を撮る必要はない」がThere wasn’t any needと訳され、「これ以上」が訳出されていない。英語頭の語り手には「これ以上」とは書けない。
 また、「三人の人物」がonly three peopleと訳され、onlyが追加されている。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「アパートを出るのを待ち受... | トップ | 「小説の語り手が書けること... »