村上春樹を英語で読む

なぜ、こう訳されているのかを考える。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

原文にないimposedの追加

2016-09-15 13:37:10 | 村上春樹を英語で読む
『1Q84』に次のような箇所がある。下はその英訳である。

エゴが削り取られ、余分な修飾が振い落とされ、見え透いた論理が奥の部屋に引き下がる。
He excised any hint of ego, shook off all extraneous embellishments, and sent all transparent signs of imposed logic into the back room.

「見え透いた論理」がall transparent signs of imposed logic(押し付けられた論理のすべての透明なサイン)と訳され、原文にないimposedが追加されている。
 なお、原文の受動態表現が、英訳では能動態表現になっている。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「小説の語り手が書けること... | トップ | 「(会話が)外に漏れないよ... »