村上春樹を英語で読む

なぜ、こう訳されているのかを考える。

「それ」と程度

2016-10-15 16:47:13 | 村上春樹を英語で読む
『1Q84』に次のような箇所がある。下はその最後の文の英訳である。

天吾が現在書いている物語が、どのような筋書きを持った物語なのか、青豆にはもちろん知りようがない。おそらくその世界には月が二つ浮かんでいるのだろう。そこにはリトル・ピープルが出没するのだろう。彼女に推測できるのはせいぜいそこまでだ。にもかかわらず、それは天吾の物語であると同時に、私の物語でもあるのだ。それが青豆にはわかる。
This much she understood.

「それが青豆にはわかる」がThis much she understoodと訳されている。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「呼吸」と「痛み」の関係性 | トップ | 原文と発想が「逆」? »