村上春樹を英語で読む

なぜ、こう訳されているのかを考える。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「かもしれない」がmight or might not be

2016-10-29 14:13:55 | 村上春樹を英語で読む
『1Q84』に次のような箇所がある。下はその英訳である。

青豆は湯をはった白い浴槽に身を深く沈め、時間をかけて身体を温めながら天吾のことを思う。あの古い三階建のアパートの一室で暮らしているかもしれない天吾のことを。
Aomame sank back into the bathtub, which she had filled to the brim, and while she warmed up, she thought about Tengo—the Tengo who might or might not be living in an apartment in that old building.

「暮らしているかもしれない天吾」がthe Tengo who might or might not be livingと訳されている。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「小説の語り手が書けること... | トップ | 「優先順位が生じる」 »