村上春樹を英語で読む

なぜ、こう訳されているのかを考える。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「不自然なくらい均質だった」は英語で?

2016-12-13 12:54:19 | 村上春樹を英語で読む
『1Q84』に次のような箇所がある。下はその英訳である。

躊躇や迷いのない断固としたノックで、音は不自然なくらい均質だった。
These were firm knocks, nothing hesitant about them, each knock almost unnaturally the same as the next.

「音は不自然なくらい均質だった」がeach knock almost unnaturally the same as the nextと訳されている。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「腕時計に目をやった」過程... | トップ | 「外に出ていない」(2)概... »