村上春樹を英語で読む

なぜ、こう訳されているのかを考える。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「小説の語り手が書けること」の日英比較(217)

2016-10-29 13:20:16 | 村上春樹を英語で読む
『1Q84』に次のような箇所がある。下はその英訳である。

その膨らみはまだ十分なものではない。そしてなぜかまだつわりもやってこない。
It was still barely swollen, and she didn’t have any morning sickness, for some reason.

「つわりもやってこない」がshe didn’t have any morning sickness(つわりはない)と訳されている。
 これは、ノックの音がして「あ、誰か来た」という場合の「来た」が推測であって、英語頭の訳者は英訳においてcomeを用いないのと同じである。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本語はむずかしい?「聞き... | トップ | 「かもしれない」がmight or ... »