村上春樹を英語で読む

なぜ、こう訳されているのかを考える。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「距離を十分にとって」過程と結果

2016-12-20 14:41:50 | 村上春樹を英語で読む
『1Q84』に次のような箇所がある。下は、その最後の文の英訳である。

牛河は半分飲んだ缶コーヒーを足もとに置き、距離を十分にとってあとをつけた。
Ushikawa laid the half-finished can of coffee at his feet and followed her at a safe distance.

「距離を十分にとって」がat a safe distanceと訳されている。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「小説の語り手が書けること... | トップ | 「湾岸戦争」と「真珠湾」 »