村上春樹を英語で読む

なぜ、こう訳されているのかを考える。

「洩れる」は「内から外へ」か「外から内へ」か?

2016-10-16 11:03:04 | 村上春樹を英語で読む
前項の例を再掲する。

窓のカーテンの隙間から明かりが僅かに洩れていたが、それが照らし出しているのは部屋の隅の一角にすぎなかった。まわりは真夜中の闇に包まれている。
A faint light came in through a gap in the curtain, but it only illuminated a corner of the room. Everywhere else was wrapped in middle-of-the-night darkness.

『大辞泉』で「洩れる」を引くと次のようにある。

1 液体・気体・光などがすきまから外へ出る。「ガスが―・れる」「声が―・れる」

つまり、日本語の「洩れる」は、「すきまから外へ出る」の意味が中心であるとある。しかし、上例の「隙間から明かりが僅かに洩れていた」はA faint light came in through a gap in the curtainと訳され、came in through a gap(隙間から入ってきた)と訳されている。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「まわり」の部分と全体 | トップ | 「喉の奥」とはどこか? »