村上春樹を英語で読む

なぜ、こう訳されているのかを考える。

共同作業の「電話を切る」

2016-10-15 15:48:55 | 村上春樹を英語で読む
本項は、同じ例に基づく訂正記事である。

『1Q84』に次のような箇所がある。下はその英訳である。

男はそう言うと間を置かず電話を切った。天吾は手の中にある黒い受話器をしばらく眺めていた。一度電話が切れてしまうと、前もって予想したとおり、その声はもううまく思い起こせないものになっていた。
Without pausing, the man hung up. Tengo gazed at the black receiver in his hand. As he had predicted, as soon as they hung up, the man’s voice had vanished from his memory.

「一度電話が切れてしまうと」がas soon as they hung upと主語がtheyで訳されている。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 現実と比喩? | トップ | 「呼吸」と「痛み」の関係性 »