村上春樹を英語で読む

なぜ、こう訳されているのかを考える。

「喉の奥」とはどこか?

2016-10-16 11:06:09 | 村上春樹を英語で読む
『1Q84』に次のような箇所がある。下はその英訳である。

声帯を震わせるだけの空気がそこにはもうなかったし、舌も喉の奥で石のように固まったままだ。
There wasn’t enough air to vibrate his vocal cords, and his tongue in the back of his mouth was a solid rock.

「喉の奥」がin the back of his mouth(口の奥)と訳されている。「喉の奥」とはどこか?
 『大辞泉』で「のど」を引くと次のようにある。

口腔の奥の、食道と気管に通じる部分。咽喉 (いんこう) 。「御飯が―につかえる」「―まで出かかった言葉をのみこむ」

確かに、「喉の奥」は「舌」のあるところには思えない。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「洩れる」は「内から外へ」... | トップ | 「小説の語り手が書けること... »