村上春樹を英語で読む

なぜ、こう訳されているのかを考える。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「半音階的幻想曲」

2016-12-07 13:14:55 | ことばの意味を実感する
ヨハン・セバスチャン・バッハの鍵盤曲にChromatische Phantasieがあります。日本語にすると「半音階的幻想曲」です。Chromatischeは英語ではchromaticですが、英和辞典では「色彩の」の意味と「半音階の」の二つの意味が挙がっています。いったい、「色」と「半音」の間にどんな関係があるのでしょう。
Online Etymology Dictionaryには次のようにあります。

The reason the Greeks used this word in music is not now entirely clear.

私の推測では、日本語で「値段に色を付ける」と言えば、「少し値を上げる」ことですから、音を「少し上げる」ことになったのではないかと思います。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「カラー」と「地獄」 | トップ | 「それで治っていく」関係性 »