村上春樹を英語で読む

なぜ、こう訳されているのかを考える。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「皮剥ぎ」代名詞化

2017-02-09 11:37:36 | 村上春樹を英語で読む
『村上春樹、河合隼雄に会いにいく』に次のような箇所がある。下はその英訳である。

たとえば、第一部の終わりで、皮剥ぎの場面がありましたが、どうして皮剥ぎを書くのかというのもぼくはよくわからないのです。
For example, at the end of the first part, there’s a flaying scene, but I really don’t know why I wrote about that subject.

「どうして皮剥ぎを書くのか」がwhy I wrote about that subjectと訳され、「皮剥ぎ」がthat subjectと訳されている。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「そうしないことには」具体化 | トップ | 「どうしてかわからない」比較 »