村上春樹を英語で読む

なぜ、こう訳されているのかを考える。

「呼吸」と「痛み」の関係性

2016-10-15 16:29:15 | 村上春樹を英語で読む
『1Q84』に次のような箇所がある。下はその英訳である。

喉が渇いて、呼吸をするとひりひりとした痛みを感じた。
Her throat was dry, and each breath she took was accompanied by a painful burning sensation.

「呼吸をするとひりひりとした痛みを感じた」がeach breath she took was accompanied by a painful burning sensation(各々の呼吸が燃えるような痛みの感覚に伴われていた)と訳されている。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 共同作業の「電話を切る」 | トップ | 「それ」と程度 »