村上春樹を英語で読む

なぜ、こう訳されているのかを考える。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「小説の語り手が書けること」の日英比較(239)

2016-12-20 12:58:24 | 村上春樹を英語で読む
8月23日に『1Q84』からの次のような例を挙げ、「再び」訳出されていないのは「目にした」は語り手の視点点ではなく、登場人物の視点での描写であるから、と説明した。

しばらく進んだところで、牛河は少女の姿を再び目にした。
After a while he spotted her.

一方同じく『1Q84』からの次例の場合は「また」がagainと訳出されている。これは、語り手による登場人物の行動に関する描写であるからと考えられる。

やがて少女はまた歩き出した。
Finally the girl took off again.

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「何かを持っている」は英語で? | トップ | 「距離を十分にとって」過程... »