村上春樹を英語で読む

なぜ、こう訳されているのかを考える。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「湾岸戦争」と「真珠湾」

2016-12-20 18:02:54 | 村上春樹を英語で読む
『村上春樹、河合隼雄に会いにいく』に次のような箇所がある。下はその英訳である。

(1)湾岸戦争と日本の関わりをどう説明すればいいのか、ぼくはいまでも考えているのですが、まったくできないですね。
I’m still searching for a suitable way of explaininig Pearl harbor and Japan’s role in the war, but at this point I’m at a total loss.

「湾岸戦争」がPearl harborと訳されている。

(2)ところが、湾岸戦争での日本の行動を非難するアメリカ人の場合は、矛盾を許容せずにくるでしょう。
But when America condemns Japan’s actions at Pearl Harbor, there is no room for contradictions.

「湾岸戦争」がthe Gulf Warと訳されている場合もあるので、英訳の読者は混乱すると思われる。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「距離を十分にとって」過程... | トップ | 「あのとおりにやったら」主... »