道楽人日乗

ツイッターのまとめ。本と映画の感想文。
いいたい放題、自分のための備忘録。
本読むのが遅く、すぐ忘れてしまうので。

NHKドラマ「スニッファー嗅覚捜査官」2話迄

2016-11-24 19:23:01 | ドラマ感想
なんとウクライナ発ドラマの翻案。嗅覚の異常に発達した男、華岡は警察のコンサルタントとして難事件捜査に協力する。阿部寛が演じてコメディとシリアスを行き来するイイ感じ。脚本がちょっと残念だけど、演出は丁寧で、面白くなりそうな雰囲気。

心霊とか超能力捜査とか、すでに色々ある上で、嗅覚で何ができるのかというと、ホームズが土くれを見ただけで何処の産か察知して推理を展開するアレを、匂いでやる感じ。化学式が画面に出たりして、華岡は生きている物質分析器みたい。能力を化学?の範囲に限ったのが趣向だ。

ただ各回の犯人側の背負ってきたドラマが今ひとつ真実味が薄いところが興をそぐ。1話はオリジナルらしいが、劇団ひとりの熱演にも関わらず台詞がギャグみたい。2話は、そもそも大切な娘を霧で前も見えない海?で泳がせた道理がわからない。ドラマっぽい線でまとめちゃった感。

追記「スニッファー」5話 2016-11-24
誘拐されたのは有名キャスターの隠し子。大型番組の初回で存在を認めろという要求。原田泰造扮するキャスターは存在を否定、救出された子は父さんじゃないと泣く。逆に、存在を認め非難される父をかばいカメラ前で父さんじゃないと泣く方が感動的じゃないか?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「はじめての坂口尚展」を待... | トップ | 映画「聲の形」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ドラマ感想」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。