道楽人日乗

ツイッターのまとめ。本と映画の感想文。
いいたい放題、自分のための備忘録。
本読むのが遅く、すぐ忘れてしまうので。

映画「殺しの一匹狼 ラスト・ラン」

2016-11-24 19:38:18 | 映画感想

リチャード・フライシャー監督

引退していた闇の運び屋ガームスは、9年のブランクを経て再び危ない仕事を引き受ける。生意気な脱走犯の若造とその彼女を国境を越え逃すこと。首尾良くこなせる仕事だった筈が…。おんぼろBMWとジャガーのチェィス。でも、見所はガームスの苦い諦念だ。

右手に海をのぞむ欧州の田舎道。おお、旧ルパンで見た「あの道」?ここで繰り広げられる逃走劇は初めて見るのに懐かしい。おじさん美学に満ちた作品。安定と日常に裏切られたガームスの「時間を無駄にした」という苦い台詞が、若造より彼に年が近くなった現在の僕には刺さる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドラマ「デアデビル」8話迄 | トップ | NHK復興支援ソング「花は咲く」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画感想」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。