道楽人日乗

ツイッターのまとめ。本と映画の感想文。
いいたい放題、自分のための備忘録。
本読むのが遅く、すぐ忘れてしまうので。

小説「その犬の歩むところ」

2017-07-12 18:22:11 | 読書感想

ボストン テラン著

孤独な女性の元に現れた老犬は、彼女を癒やし、死ぬ。仔犬は成長し、様々な人々と出会う。911、戦争、ハリケーン。哀しみ苦しむ人々に彼は寄り添った。その犬の名はギヴ。

小説としての体裁はとっているが、一読した印象は、人と犬の絆をうたいあげた長編詩のよう。

原題が、GIV The Story of a Dog and Americaであることからも想像できるが、
お話は、傷ついたアメリカの市井の人々を励まし、アメリカ魂を鼓舞するような感じがあり、それがストレートでちょっと馴染めず。僕は犬を飼ったこともないのだ。
元海兵隊員ディーンは、傷ついたギヴと出会い、救われる。彼はギヴのたどってきた時をさかのぼる旅をして、その手記をしたためる。それがこの本なのだが、ちょっと独特な構成になっている。(まるで神の視点のようなところもある)

「その犬の歩むところ」という邦題は、その人=キリストを連想させる。いい邦題だなと思う。
お話には、カインとアベルを連想するようなところもあったし。
女性に対する描写に辛辣なところがあり、女性作家なのかしら?と思って読んでいた。女性作家説は後書きにも書かれていた。

この作家は初めて読んだが「詩のような」地の文の表現は他の作品も共通しているのだそうだ。日本でも評判になった「神は銃弾」はさらに強烈だとのこと。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画「ネオンデーモン」 | トップ | 漫画「インハンド 紐倉博士... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

読書感想」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。