道楽人日乗

ツイッターのまとめ。本と映画の感想文。
いいたい放題、自分のための備忘録。
本読むのが遅く、すぐ忘れてしまうので。

漫画「悪魔を憐れむ歌」1巻

2017-05-15 14:39:23 | 漫画感想

梶本レイカ著

8年前の「箱折り」連続猟奇事件を追い続ける刑事阿久津は苦しんでいた。事件は捜査側により偽の犯人が仕立てられ、ある青年の悲劇と共に闇に葬られていた。阿久津には居場所が無かった。だが、捜査の途上、四鐘医師と出会った時、事件は再び動き出す…。
ツイッターで褒めている人がいたのをみつけて読んでみたが、BLというジャンル云々よりも、独特な絵柄(人物描写)とコマ運び、構図などにどうにも馴染めない。お話のほうはTVドラマ「ハンニバル」の特にシーズン3を連想せずにはいられなかった。(おもにレクター博士と捜査官グレアムの愛の?関係性について)

クロアチア人の祖母を持つという四鐘医師は、マッツ・ミケルセンというよりは「5時に夢中」木曜日のジョナサンに似ているように思う。

この手のお話は、総じて描きつくされ掘り尽くされて、新味を出すのは相当難しいのだろうとは思う。正直なところ、極北とも言うべきTVドラマ版「ハンニバル」のシーズン2があればもう結構なのだ。
以前読んだ漫画「アブラカタブラ」(連続猟奇事件とカリスマ的犯罪者が登場する)は、操りの関係という工夫があった。この「悪魔を憐れむ歌」は、もしハンニバルの影響下なのだとすれば、著者のフィルターを介しての語り直しという感じだろうか。まだ始まったばかりなので予想外の展開もあるのかも知れないが。

BLと言うジャンルはよく知らない。こういう中年男性も描くものなのか。映画「龍馬暗殺」や「戦国自衛隊」なんかもBLなのかもしれない、と思った。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 漫画「AIの遺伝子」5巻迄 | トップ | 映画「夜は短し歩けよ乙女」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。