道楽人日乗

ツイッターのまとめ。本と映画の感想文。
いいたい放題、自分のための備忘録。
本読むのが遅く、すぐ忘れてしまうので。

ドラマ「デアデビル」8話迄

2016-11-24 19:37:02 | ドラマ感想


やるかやられるかの世界で個人ヒーローなんて可能なのか?そのテーゼにたいする硬派な展開に目が釘付け。主人公が幼い頃、視力を失った代償に得たのは、残る四感が研ぎ澄まされただけ?毎度満身創痍。敵ボスは彼なりに街を立て直したいという別の正義で立ちはだかる。

友人フォギーと弁護士事務所を軌道に乗せようと頑張るマック。夜は黒布で頭を覆ったさえない姿、耳を頼りに悪人達を殴る殴る蹴る刺される倒れるの繰り返し。財力もなくバットマンより過酷な状況、殺さずの誓いを建てているのでなおさらだ。街は良くなっているのだろうか、否…。

そもそも、この街がスラムと化したのは、アベンジャーズが異星人と戦い地球を救った大戦闘故だという。マックの孤独な戦いは、マーベルなんとかユニバースの中の出来事なのだと。ええ?絵空事超人軍団に彼の居場所なんかあるの?地味で渋い硬派な展開はどうなっちゃうんだろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画「この世界の片隅に」 | トップ | 映画「殺しの一匹狼 ラスト・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ドラマ感想」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。