nikkurei社長のひとこと**ケアマネは希望の星だ**

笑顔をもたらすケアマネジャーを支援する会社です
http://nikkourei.jimdo.com

こんな相談へのアドバイス

2017-06-18 21:39:48 | ケアマネ太郎日記
もし、アセスメントにいろいろ言ってくるサービス提供責任者だったら、その意見には耳を傾けたいですね、ケアマネジャーが把握できる利用者の状態は2時間かそこいらの状態にとどまりますから、別の時の状態は参考になるはずです。
あとは会議の持ち方を工夫したいですね、会議に先立って、利用者の状態や支援の方向、ケアマネジャーの考えを伝えておき、さらにこの会議で議論したい論点をまとめて説明をしておくと、当日にあれこれ質問やら意見やら、はては話があっちへこっちへ飛び、収拾が使いないことを防ぎたいです。会議にかかる時間も決めて、その時間がきたら無理やり会議を終了するのも最後の手段にはなるかもしれません。
でも、単に文句をいうだけの人だったら、どうしましょう。
そのときは、そのご意見は議論の方向が違うので後で話しましょうと、発言を遮る勇気を持つというはどうでしょう。
もしくは、わざとICFのコード番号をだすとか、医師の意見を引用するとか、というその場の次元を変えてしまうというのもあるかもしれません。
でも、どうしても苦手なら、その事業所を外すのがケアマネジャーの精神上、いいかもしれませんね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今度の相談は | トップ | 無届け有料老人ホームを勧め... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL