爺のラジオ局

還暦を過ぎても競技ダンスから園芸まで、多趣味な生活を送っています。そんな日常をラジオのように紹介できればと思っています。

自宅で出来る炭の作り方。

2006年02月22日 | Weblog
  
 写真は、竹炭を利用して植物を植えたものです。
 
 この竹炭は自宅で作ったものです。
一斗カン(よく菓子屋さんなどのせんべいが入っている縦長のブリキのカン)を利用して作るんです。

作り方の説明をします。
 ”ず蓋付きのカンを用意する。蓋の隅に鉛筆の太さくらいの穴を一つ開ける。あとは太い針金を2mくらい。

◆^貪優ンの中に青い葉っぱを敷いて(直接置くと作品が焼けちゃう?焦げちゃう?ので)、カンの大きさに合わせた竹を入れる。
  例えば、イガ付きの栗、ひょうたん、かぼちゃ、枝木、みかんなども入れると、そのままの形の炭が出来る。(おもしろい)

 次に蓋をして太い針金で十文字にシッカリと縛る。(蒸し焼きにするためと、中のガスで爆発することもあるので)
    *一回、爆発したこともあるから要注意。

ぁ(欧火の中で3時間くらいも燃やす。
最初は黒い煙が出る。(焦げる臭い)次に白い蒸気のような煙になる。その後、薄い紫色の蒸気がでる。後は、穴から10cmくらいは透明で、その上に蒸気?見たいのが出てきたら最終段階だ。

ァ(欧火が出来ない状況ではガスもある。
私はプロパンガスで試みたが、炭焼きの仲間に話したら笑われた。

(炭づくりにガスを使うのは、本来なら本末転倒・愚の骨頂だとのこと。でも他の方法が無ければしょうがない。)
   
ここでの注意は臭いだ。炭焼き独特の鼻を突くような臭気が発生するので、近所付き合いは良くしておくことです。


アクセス・コメントの御礼


ES公さん:山形のutamaruさんが喜んでいましたね。また、輪が広くなりました。

せっかちの恩ちゃん:昨夜はお酒をたくさん頂きました。また、昔話「これはだめだよ〜」について語り合いましょう。


ジャンル:
我が家
コメント (3) |  トラックバック (0) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« スローな時間 | トップ | スキューバダイビング »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
炭焼き楽しそうですね (バレリーナのパパ)
2006-02-22 21:44:50
竹炭は風情があっていいですね。 詳しい製作方法を紹介していただいたので、挑戦してみたいと思いました。 ちなみに、編み上げた竹篭なんかを炭にすると壊れてしまうのでしょうか?
ありがとうございます。 (安江清治)
2006-02-22 22:43:07
ご紹介頂いてありがとうございます。

じっくり見せて頂きましたが、すごくおもしろいですね〜

ちょくちょく見させて頂きます。



これからも本音トークで行きましょう!
鑑賞炭 (utamaru)
2006-02-26 09:56:38
ブログを見ていて思い出しました。

親戚の中に鑑賞炭を作っている方がいて、

その方はほおずきなど、形はそのままに炭になさっていました。

なんでも炭に出来るんだなあと感心しました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL